鈴鹿8耐遂にスタート! プライベーター2チームがレースを牽引!

鈴鹿8時間耐久レースが7月28日11時30分頃にスタートしました。2019年のレースにはどのようなドラマが待ち受けているのでしょうか

ファーストラップのトップは「F.C.C. TSR Honda France」

 灼熱の鈴鹿サーキットで開催されている第42回鈴鹿8時間耐久ロードレースが11時30分頃にスタートしました。ホールショットは9番グリットの95号車「S-PULSE DREAM RACING・IAI」が獲得しています。

 ファーストラップを終えた順位は「F.C.C. TSR Honda France」、「YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING」、「Kawasaki Racing Team」と続いています。

ついにスタートした鈴鹿8時間耐久ロードレース(写真:益田和久)

 27日に行われる予定だったフリー走行およびTOP10トライアルが天候不良により中止となったため、決勝のスターティンググリッドは、26日の計時予選のタイム順となっています。スタート時のグリッド(トップ10)は以下の通りです。

・ポールポジション:21号車「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」(中須賀克行、Alex Lowes、Michael van der Mark)
・2番グリッド:10号車「Kawasaki Racing Team」(Leon Haslam、Toprak Razgatlioglu、Jonathan Rea)
・3番グリッド:33号車「Red Bull Honda」(高橋巧、清成龍一、Stefan Bradl)
・4番グリッド:634号車「MuSASHi RT HARC-PRO.Honda」(Xavi Fores、Dominique Aegerter、水野涼)
・5番グリッド:12号車「YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING」(Sylvain Guintoli、加賀山就臣、渡辺一樹)
・6番グリッド:7号車「YART-YAMAHA」(Broc Parkes、Marvin Fritz、Niccolo Canepa)
・7番グリッド:1号車「F.C.C. TSR Honda France」(Josh Hook、Freddy Foray、Mike Di Meglio)
・8番グリッド:090号車「au・テルル SAG RT」(秋吉耕佑、長島哲太、羽田太河)
・9番グリッド:95号車「S-PULSE DREAM RACING・IAI」(生形秀之、Tommy Bridewell、 Bradley Ray)
・10番グリッド:19号車「KYB MORIWAKI RACING」(髙橋裕紀、小山知良、Troy Herfoss)

 なお、634番の「MuSASHi RT HARC-PRO.Honda」は1分30秒のペナルティ、90番の「au・テルル SAG RT」はウォーミングラップでの転倒によりピットスタートとなっています。

【了】

鈴鹿8時耐ついにスタート!

画像ギャラリー

最新記事