Team HRCティム・ガイザー選手が残り3戦でFIMモトクロス世界選手権MXGPチャンピオン獲得!!

2019FIMモトクロス世界選手権の最高峰クラスMXGP第15戦は、Team HRCのティム・ガイザー選手が残り3戦でチャンピオンを獲得しました。

2年ぶりのタイトル獲得に歓喜のガイザー選手!!

 イタリアのイモラで開催された2019FIMモトクロス世界選手権MXGP第15戦は、Team HRCに所属するティム・ガイザー選手が「CRF450RW」を駆り、レース1を5位で走りきりシリーズチャンピオンを獲得しました。ガイザー選手は、3回目となる世界タイトル(2015年MX2、2016年MXGP、2019年MXGP)を獲得しています。

Team HRCティム・ガイザー選手

 モトクロス世界選手権は、残り3戦開催されますが、ランキング2位のジェレミー・シーワー選手(ヤマハ)とのポイント差により、今シーズンのチャンピオンが決定しました。

 MXGPのレース1は、T・ガイザー選手がスタート4番手を死守、9分過ぎにG・ポーリン選手(ヤマハ)をかわし、トップを走るG・コルデンホフ選手(KTM)に迫ったところで、ガイザー選手は転倒します。すぐにレースへ復帰し追い上げを試みT・ガイザー選手は、ポーリン選手、A・トヌス選手(ヤマハ)と争い5位でフィニッシュしシリーズチャンピオンを獲得しました。

3度目のチャンピオンを獲得したティム・ガイザー選手のコメント

3回目のチャンピオンを決めたTeam HRCティム・ガイザー選手

「3度目のタイトル獲得ができて、素晴らしい気分です。この2年間は厳しい戦いでしたし、今季序盤も苦戦を強いられたので、それを乗り越えてチャンピオンに返り咲けたことは本当にうれしいです。Team HRCのみんなには本当に感謝しています。レース現場ではもちろん、日本からも、ここに至るまでいいときも悪いときもサポートしてくれました。私たちは本当の家族のような関係ですし、長い間一緒に戦ってこられて心から感謝しています。

 今季は、ホンダ「CRF450RW」と私自身を進化させていくため、全員で懸命に取り組み、成果を出せました。素晴らしいスタートが決まりトラブルもなく、どんなコンディションでもマシンを快適に走らせることができたのです。また、母国スロベニアから多くのファンが来てくれたことも嬉しく思っています。前回チャンピオンを決めたときは米国でのレースでしたが、今回はここイタリア・イモラでたくさんのファンと喜びを分かち合うことができました。ファンとチームメンバー、そして私を支えてくれたすべての皆さんに、本当に感謝しています」

【了】

チャンピオンを決めたティム・ガイザー選手の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事