ホンダにデイトナ100マイルレースで初制覇をもたらしたF・スペンサーと「CB750Fレーサー」とは?

並列4気筒第2世代のエンジンを搭載したホンダ「CB750F」は、スプリントレースで勝利するために作られたモデルです。ライダーにF・スペンサーを起用したホンダは、1982年のデイトナ100マイルレースで初優勝を飾ります。

新型マシンのライダーに天才を起用し必勝体制で挑んだデイトナ100マイルレース

 市販車CB750FベースのAMAスーパーバイクレーサー「CB750Fレーサー」は、HRCの前身RSC(Honda Racing Service Center)製RS1000キットパーツを使いアメリカンホンダ(以下:USホンダ)のレース部門が特別に製作しました。

AMAスーパーバイクレーサー「CB750Fレーサー」

 1982年からWGPに参戦するフレディ・スペンサーは、「CB750Fレーサー」を駆りポールポジションを獲得し序盤から独走、デイトナ100マイルレース初制覇をホンダにもたらしました。

 フレディ・スペンサーは、1981年にUSホンダと契約、米国内のレースやスポット参戦したWGPでも活躍し、一躍注目を浴びます。1982年には本格的にWGPへホンダ・ワークスから参戦、1983年には、ヤマハのケニー・ロバーツと激しいチャンピオン争いの結果、当時史上最年少21歳8ヶ月で栄冠を手にしています。

CB900Fベースのエンジンを搭載したCB750Fレーサー

「CB750Fレーサー」に搭載されたエンジンは、CB900Fをベースにした排気量1016cc空冷4サイクルDOHC4気筒4バルブ、最高出力は140PS/10500rpmを発生させていました。さらに、フロントに16インチホイールやショーワ製NS500用フリントフォーク、RSC製キットパーツなどが採用され、RSCが手がけるマシンに仕上がっています。サイドカバーには、CB750Fと記されていますが、当時米国でも日本同様にCB750Fのみの販売だったため900Fベースのエンジンが搭載された「CB750Fレーサー」も市販車と同様のものとされました。

ホンダCB750Fは国内外で発売された世界戦略車だった!!

 ベース車両となったホンダ「CB750F」は、1979年に初期モデルが発売されました。搭載されたエンジンは、空冷4サイクルDOHC4気筒4バルブ最大出力68馬力を発生させていました。

ホンダ「CB750F」(1979)

 排気系に採用された4into2マフラーは、4本の排気管を2本の消音器に集合し、低中速域における馬力やトルクの向上を計っています。

 走りを意識して開発されたCB750Fは、軽量高剛性のダブルクレードルフレームに前後の足回りには、トリプルディスクブレーキ、ホンダ独自の可変式FVQダンパー、チューブレスタイヤなどを採用し軽快なハンドリングと安全性も高めていました。

 1982年発表されたCB750F(FC)は、出力も向上し、さらにフロント18インチホイールや太径フロントフォークなどCB1100Rの足回りを受け継ぎ、市街地やワインディングでの操縦安定性と快適な乗り心地も実現させていました。

「CB750F(1979)」の当時販売価格は、53万8000円です。

 ■CB750F諸元

 全長×全幅×全高:2190mm×795mm×1125mm
 乾燥重量:228kg
 燃料タンク容量:20リットル
 エンジン形式:空冷4サイクルDOHC4気筒4バルブ
 総排気量:748cc
 最高出力:68PS/9000rpm
 最大トルク:5.9kg-m/8000rpm
 フレーム形式:ダブルクレードル形式

【了】

AMAスーパーバイクレーサー「CB750Fレーサー」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事