やっぱり凄いぜトニー・ボウ選手! オーラを纏ったチャンピオンは笑顔の似合う素敵な紳士!【EICMA2019】

HRCは、2020年の二輪モータースポーツ活動計画の発表をEICMA2019において行いました。14連続チャンピオンを目指すトニー・ボウ選手や25年連続世界選手権出場となる藤波貴久選手も登壇しました。

14連続チャンピオンを目指し、トニー・ボウ選手始動!

 ホンダはイタリア・ミラノで開催されているEICMA2019において、2020年の二輪モータースポーツ活動計画の参戦体制の発表を行いました。

左:藤波貴久選手、右:トニー・ボウ選手

 トライアル世界チャンピオンを26回獲得しているトニー・ボウ選手と2004年の世界チャンピオンであるチームメイトの藤波貴久選手は、2020年のシーズンもレプソル・ホンダ・チームから参戦します。今年の世界選手権シーズンでトニー・ボウ選手が14連続勝利を目指し、藤波選手にとっても25年連続でのトライアル世界選手権出場となります。

 そんなトニー・ボウ選手は、EICMA会場内において、ファンの写真撮影や握手、サインにも満面の笑みで答える紳士ぶり。藤浪選手もトニー・ボウ選手同様に笑顔が絶えず対応しています。2019年シーズン負け知らずのトニー・ボウ選手は、2020年シーズンも強さを発揮してくれそうです。

REPSOL HONDA Team トニー・ボウ選手

 トニー・ボウ選手は、次のように述べています。

「常に勝つことは難しいと言いますが、今年も例外ではありませんでした。幸いなことに、冬の間は怪我もなく、完璧なシーズンで100%競技に参戦することができ、すべてのトライアルで勝つことができました。繰り返すことは難しいでしょうが、できるように準備し、できれば来年もタイトルを増やしてここに戻ってくることを願っています」

 ※ ※ ※

 2019年はホンダが、1959年マン島T.T.レースに初参戦から60周年にあたり、この節目の年に、「FIMロードレース世界選手権」、「FIM モトクロス世界選手権」、「FIM トライアル世界選手権」においてチャンピオンを獲得しました。

HRCから参戦するライダー達

 HRCは、2020年も2年連続でロード、モトクロス、トライアルの3カテゴリー制覇を目指し、ワークスチームで参戦します。

【了】

HRC参戦発表の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事