プジョーモトシクル「メトロポリスRSコンセプト」初公開 マッチョでシャープなフロント2輪スクーターに新展開【EICMA2019】

フランスのバイクメーカー「プジョーモトシクル」は、イタリア・ミラノで開催されたEICMA2019で3輪スクーター「メトロポリスRSコンセプト」を初公開しました。

力強いフロントフェイスがインパクト大!

 フランス「プジョーモトシクル」は2019年11月5日から10日にかけて開催されたバイクの見本市「EICMA2019」で3輪スクーター「メトロポリスRSコンセプト」を初公開しました。

 現在、プジョーが販売する「プジョーメトロポリス」シリーズの後継モデル・コンセプトとして登場した「メトロポリスRSコンセプト」は、これまで同社が培ってきたフロント2輪スクーターの技術を備えたモデルで、転倒のリスクをへらすことで高い安全性が付与された一台です。

 既存の「プジョーメトロポリス」シリーズと同じく、マッチョでシャープなデザインとされた「メトロポリスRSコンセプト」では、125ccスクーター「プルシオン」で初採用された「i-Connect」を搭載することで、スマートフォンとの連携を強めています。

プジョーモトシクルが初公開した3輪スクーター「メトロポリスRSコンセプト」

 また、同モデルでは四輪のプジョーが手掛けたコンセプトカー「Instinct」にインスパイアーを受けたフルLEDのヘッドライトや、四輪市販車「508」と同じようなデザインのデイタイムランニングライトを備えることで、シャープな外観を強化しています。

 ヤマハ「トリシティ」や「ナイケン」、ピアッジオ「MP3」など、高い安全性と共に個性豊かなデザインが与えられたモデルが多いフロント2輪の3輪バイクだけに、今後の動向に注目したいところです。

【了】

プジョーモトシクルが欧州で販売る3輪スクーター「メトロポリス・アルティメット」

プジョーモトシクル「メトロポリスRSコンセプト」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事