ヤマハ初の4ストロークレーサーレプリカ「FZ400R」は、レプリカブームの先駆けとなったモデル

FZ400Rは、中型4ストロークレーサーレプリカとしてヤマハでは初めて発売されたモデルです。F3ワークスレーサーそのままに市販されたFZ400Rとはどのようなバイクなのでしょうか?

F3ワークスレーサーFZRからフィードバックされた技術を搭載したFZ400R

 ヤマハのレーサーレプリカモデル「FZ400R(1984)」は、F3のワークスモデルFZRを市販化し発売されました。1984年頃は、レーサーレプリカブームの夜明け前ともいっても過言ではなく、F 3レース参戦のベース車両としてもFZ400Rは人気でした。ライバル車種は、ホンダのCBR400FやスズキGSX-R400といったモデルが挙げられます。

ヤマハ「FZ400R(1984)」

「FZ400R」には、XJ400ZSの水冷4気筒エンジンをベースに最高出力を55psから59ps/12000rpmに向上させたエンジンを搭載し4into1マフラーも採用されています。

 ヤマハのストロボカラーを纏ったFZ400Rは、フロントは16インチホイールにエアサスペンション、リアは18インチホイールにニューリンク式モノクロスサスペンションにスチール製角パイプフレームを採用し、クイックなハンドリングを実現。サーキットや峠道などの中高速コーナーでも速さを発揮し、注目を浴びる存在でした。

フォロント16インチホイール、リア18インチホイール装備

 フロントカウルには、丸型2灯を装備、テールカウルに続くタンクやカウルもレース用マシンそのもののシルエットに仕立てられています。フロントカウル内には、中央にタコメーターを配置し。レーサーレプリカらしさが演出されています。

 また1986年には、後継車種となるFZR400が発売されますがFZ400Rもフルカウルタイプのモデルやハンドル形状の変更、アルミステップなどを採用し、継続して販売されていました。

ネイキッドモデル「FZ400N」

 1985年にはフロントカウルを外した「FZ400N」を発売しています。鉄製のセパレート式UPハンドル、シリンダーヘッドやクランクケースは、金色塗装が施されていました。3連メーターと共にフレームマウントにされたヘッドライトは、角形1灯を採用し、ハンドルも20mm上にされた事でライディングポジションにも余裕が生まれたモデルです。「N」はネイキッドの頭文字からとられています。

 FZ400R(1984)の価格は、当時59万000円でした。

■FZ400R諸元

 全長×全高×全幅:2025mm×690mm×1145mm
 乾燥重量:165kg
 エンジン:水冷4ストロークDOHC4気筒
 総排気量:399cc
 最高出力:59ps/12000rpm
 最高トルク:3.7kg-m/10000rpm

【了】

ヤマハ「FZ400R」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事