年末年始の高速道路利用は大晦日と元旦が吉? 道路会社の渋滞予想~関東甲信越編~

NEXCO東日本・NEXCO中日本の東京支社・八王子支社は年末年始の渋滞予想と傾向、対策などの取りまとめを発表しました。

事前の情報収集で安全なドライブを

 東日本高速道路株式会社(以下、NEXCO東日本)関東支社及び中日本高速道路株式会社(以下、 NEXCO中日本)東京支社・八王子支社は、関東甲信地方及び静岡県内の高速道路の年末年始(令和 元年12月27日(金)から令和2年1月5日(日)の10日間)における渋滞予測(10km以上の交 通集中渋滞)の傾向と対策などのとりまとめを発表しました。

2019-2020年の年末年始、高速道路の渋滞が予想される区間はどこ?

 NEXCO東日本・NEXCO中日本によると、管内でもっとも渋滞回数が多いとされる日時は、下り(外回り)方面が2019年12月29日/30日、2020年2日から4日、上り(内回り)方面が2020年1月2日から4日にかけてとされています。

 特に長い渋滞(30km以上)の発生が予測される区間としては、東名高速高速道路の秦野中井IC付近/大和トンネル付近、東北自動車道の加須IC付近、関越自動車道の高坂SA付近を先頭にしたものが挙げられています。

高速道路会社おすすめの移動日

 これらをふまえ、NEXCO東日本・NEXCO中日本では下り方面は2019年12月31日、2020年1月1日/5日、上り方面は2020年1月1日/5日の利用を推奨しています。

 また、NEXCO東日本・NEXCO中日本では渋滞末尾への追突注喚起対策やサービスエリアでの駐車場整理員の配置、臨時トイレの設置、大型車駐車ますの確保などサービスの強化に取り組むと発表しています。

 そのほか、同高速道路会社では「NEXCO東日本公式 渋滞予報士による渋滞予報&おでかけガイド」や全国の高速道路の交通情報「ドライブトラフィック」、iPhone・Android 向けドライブサポートアプリ「ドラぷらアプリ」などの使用を呼びかけています。

【了】

【画像】2019-2020年の年末年始、渋滞が予想される区間はどこ?

画像ギャラリー

最新記事