年末年始の渋滞予測を時間帯ごとに確認 全国の高速道路9路線が対象

ヤフー株式会社は無料で利用できるカーナビアプリ「Yhoo!カーナビ」で国の高速道路9路線を対象とした「年末年始の渋滞予測 2019-2020」を公開しました。

アプリの有効活用で渋滞を回避

 ヤフー株式会社は12月17日に、無料で利用できるカーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」(iOS版/Android版)で、全国の高速道路9路線を対象とした「年末年始の渋滞予測 2019-2020」を公開しました。

各地で渋滞が予想される年末年始

 中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)より提供を受けた渋滞予測データを元にしたYahoo!カーナビの「年末年始の渋滞予測」は、全国の高速道路9路線を対象にしたもので、2019年12月27日(金)から2020年1月5日(日)までの10日間の混雑状況を時間帯ごとに確認できます。

対象となる高速道路は以下の9路線(区間)となります。

・東北道 – 浦和IC~宇都宮IC
・関越道 – 練馬IC~高崎IC
・常磐道 – 三郷IC~水戸IC
・中央道 – 高井戸IC~大月IC
・東名高速 – 東京IC~御殿場IC
・名神高速 – 八日市IC~吹田IC
・中国道 – 中国吹田IC~吉川IC
・山陽道/中国道 – 宝塚IC~三木東IC
・九州道 – 八幡IC~久留米IC

※ ※ ※

「Yahoo!カーナビ」は、2014年のサービス開始以降、目的地へのルート案内だけでなく、安全運転をサポートする機能などを提供してきましたが、2019年4月にはiPhoneと連携する車載統合システム「Apple CarPlay」に対応するなど、さまざまな取り組みを行い、8月には累計1,600万ダウンロードを突破しています。

時間ごとの渋滞予測を確認できるスマートフォン用アプリ「Y!カーナビ」

 なお、道路交通法改正(2019年6月5日公布)に伴い、2019年12月1日からはクルマで走行しながらスマートフォンや携帯電話を操作したり、カーナビなどを注視する「ながら運転」が厳罰化されています。アプリを使用する際には、安全な場所に停車するなどして操作する必要があります。

【了】

【画像】時間ごとの渋滞予測を確認できるスマートフォン用アプリ「Y!カーナビ」

画像ギャラリー

最新記事