ダカールラリー第9ステージは、ハスクバーナのパブロ・クインタニラ選手が優勝!

ダカールラリー第9ステージは、ハスクバーナのパブロ・クインタニラ選手とKTMのトビー・プライス選手がステージを牽引し、総合争いでも上位を伺っています。

第9ステージを制したROCKSTAR ENERGY HUSQVARNA FACTORY RACINGパブロ・クインタニラ選手

 ダカールラリー2020の第7ステージで起きたアクシデントにより、バイク部門の第8ステージは中止されました。ダカールラリー2020は第9ステージを迎え終盤戦に突入し、ゴールを目指し各ライダーたちの激しい争いが続きます。

第9ステージは、前方スタートのMonster Energy Honda Teamリッキー・ブラベック選手が、タイムロスを最小限に抑えてステージ4位で走り切り総合首位を守っています。ホアン・バレダ選手は、ROCKSTAR ENERGY HUSQVARNA FACTORY RACINGパブロ・クインタニラ選手とRED BULL KTM FACTORY TEAMトビー・プライス選手と総合2位争いを繰り広げています。

ROCKSTAR ENERGY HUSQVARNA FACTORY RACING パブロ・クインタニラ選手

 第9ステージでは、サウジアラビア東部のハラドに向けて移動し、ここから3日間はアシスタントを付けることができます。ワディ・アド・ダワシルを出発し、376kmのリエゾンを経て、410kmに及ぶスペシャルステージのスタート地点に到着。給油地点まではナビゲーションの難しい硬い地表が続き、給油地点を越えると砂地と砂丘が続く難関コースです。スペシャルステージの争いを終えると100kmのリエゾンを経てハラドのビバークに到着します。

 第7ステージ勝者のケビン・ベナバイズ選手は、先頭スタートでしたがいいペースで走り、トップから約6分差のステージ6位でフィニッシュしています。好位置からスタートしたホセ・イグナシオ・コルネホ選手は前半ペースを落としたものの、後半に入って持ち直し総合5位をキープしています。

総合首位のMonster Energy Honda Team リッキー・ブラベック選手

 総合首位のリッキー・ブラベック選手は、「ビバークにたどりつけていい気分です。ダカールラリー総合優勝に向けて一歩ずつ近づいています。残りは3ステージで、明日にはマラソンステージがあります。まだまだ競争が続きます。悲しい事故がありましたが、レースに集中していきたいと思います。明日のマラソンステージに向け、休息を取り準備を進めます。リードは約21分です。

 明日はパブロ・クインタニラ(ハスクバーナ)とトビー・プライス(KTM)が前からスタートします。彼らに離されないように走ります。残りのステージすべてを彼らの後ろでスタートできれば有利ですが、まずは約21分のリードを守っていきます。マラソンステージは好きです。ビバークにいるのは選手だけで人も少ないです。ダカールラリーもあとわずかですし、ビバーク生活を楽しみます」と語った。

※ ※ ※

第10ステージは、リエゾン74km、SS534km合計608kmのマラソンステージです。シュビータのビバークに着いてからは、ほかのライダーからのみアシストを受けることができます。

【了】

ダカールラリー2020第9ステージの画像を見る

画像ギャラリー

最新記事