BMWが警視庁に電動バイクを納入 東京マラソン2020で初披露

ドイツのバイクブランドBMW Motorradの電動スクーター「C evolution」が警視庁に納入されました。警視庁が輸入二輪車ブランド車両を採用するのは初となります。

警察車両として初! 輸入電動二輪車を採用

 BMWは、二輪車ブランドBMW Motorrad初の電動スクーター「BMW C evolution(シー・エヴォリューション)」を、警視庁に納入しました。

電動スクーター「BMW C evolution」の警察車両

BMWの先端技術を搭載したC evolutionは、2017年5月の販売開始以降、順調な販売台数を維持している電動スクーターです。警察車両として輸入二輪車が採用されるのは初めてのこととなります。

 BMW C evolutionは、BMW iテクノロジーで採用されている新世代大容量リチウムイオン・バッテリーを搭載し、航続距離が最大160kmの優れたパフォーマンスを実現。これまでのマキシスクーターと比べて重心を低くしたことにより、快適なハンドリング性能を実現しています。
 
 交通量の増加、エネルギー・コストの上昇、市街地での車両のCO2排出規制の厳格化が課題となっている中、BMW C evolution は、現在および将来のモビリティに求められるニーズに応えた次世代電動プレミアム・マキシスクーターとしてその地位を確立しています。

 納入された車両は、2020年3月1日に開催される東京マラソン2020で先導車両として初お披露目となる予定です。

 最高出力35kw(48ps)、0から50km/hまで2.8秒で加速するBMW C evolutionの価格(消費税込)159万円となっています。

【了】

【画像】電動スクーター「BMW C evolution」の警察車両の画像を見る(16枚)

画像ギャラリー

最新記事