ホンダ「CT125ハンターカブ」の足つき性は? スーパーカブC125とどのくらい違う?

ホンダはスーパーカブC125をベースとした新型の原付き二種モデル「CT125ハンターカブ」を2020年6月26日に発売します。スーパーカブC125とはどのような違いがあるのでしょうか。

スーパーカブC125とCT125ハンターカブのシート高はどれくらい違う?

 ホンダは2020年6月26日にスーパーカブC125をベースに開発された新型レジャーモデル「CT125ハンターカブ」(以下:ハンターカブ)を発売します。

2020年6月に市販されるホンダ「CT125ハンターカブ」

 2018年6月に発売を開始し、年間販売計画台数3000台を上回る好調なセールスを記録したスーパーカブC125のフレームをベースにリアフレームを延長。ヘッドパイプまわりの 補強や、ピボットプレートの追加などにより、市街地からトレッキングまで幅広い 走行状況を想定した剛性バランスの最適化を図っています。

 ホイールサイズにおいてはスーパーカブC125と同じく前後17インチを採用するハンターカブでは、フロント、リア共に80/90-17M/C 44Pサイズのタイヤ(スーパーカブC125はフロントのみ70/90-17M/C 38Pを装着)を採用。

 直進安定性に関係するキャスター角やトレール量の変更などにより、スーパーカブC125より40mm高い165mmの最低地上高が確保されています。

 また、最低地上高は40mm高くなっていますが、シート高に関してはスーパーカブC125より20mm高い800mmに抑えられているため、足つき性を損なうことなく楽しめる仕様となっています。

エンジンの出力特性、燃料タンク容量にも違いが

 新型のハンターカブではスーパーカブC125と同型のエンジン(エンジン型式は異なります)が搭載されていますが、その出力特性はスーパーカブC125が最高出力9.7ps/7500rpm、最大トルクは1 kgf/5000rpmであるのに対して最高出力8.8ps/7000rpm、最大トルク1.1kgf/4500rpmに変更。

 燃費性能は発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モード「WMTCモード」でスーパーカブC125が66.1km/L、ハンターカブは67.2 km/Lとわずかばかり燃費性能が向上しています。

 燃料タンク容量はスーパーカブC125より1.6Lアップの5.3Lとなっているため、計算上では燃料満タンで356.16kmの走行が可能となります。

ホンダ「CT125ハンターカブ」。アップマフラーを採用しているため、右側のタンデムステップは左側よりも大きく張り出しています

 その他、ハンターカブではスーパーカブC125と異なる形状のシフトチェンジペダル、強度を向上させるアンダーフレーム、左右で張り出しの異なるタンデムステップ、メーターなど、各部に専用の装備が採用されています。

 なお、ハンターカブの価格(消費税込)はスーパーカブC125から3万3000円アップの44万円に設定されています。

【了】

【画像】ホンダ「CT125ハンターカブ」と「スーパーカブ C125」の画像を見る(19枚)

画像ギャラリー

最新記事