ホンダ「モンキー125」2020年モデル発売 スーパーカブC125と同じくブラックを追加

幅広い層から支持されているホンダ「モンキー125」の2020年モデルが発売されます。

落ち着きのあるブラック・モンキーが登場

 ホンダは歴代「モンキー」の特徴である「シンプル」「コンパクト」「愛らしさ」などの不変的な魅力を踏襲しつつ、楽しさをスケールアップした原付二種のレジャーバイク「モンキー125」に新色を追加し、4月3日に発売します。

ホンダ「モンキー125」2020年モデル(パールシャイニングブラック)

 2018年4月に登場したモンキー125は、初代モデル「モンキーZ50M」より引き継がれている台形フォルムのスタイリングを踏襲しつつ、剛性感のある倒立フロントフォークやクッション性に優れたシートを採用するることで快適な乗り心地としなやかさを兼ね備えた操作感を実現したモデルです。

 搭載される空冷・4ストローク・OHC・124cc単気筒エンジンは、燃料消費率(km/L)67.1(1名乗車時/WMTCモード値)と優れた燃費を発揮しつつ、最高出力9.4PS/7000rpmと力強い出力特性が与えられています。

 2020年モデルでは継続色の「パールネビュラレッド」「バナナイエロー」「パールグリッターリングブルー」に加え、落ち着いた印象と高級感のある「パールシャイニングブラック」を追加。全4色の展開となっています。

 国内二輪市場で堅調なセールスを記録している原付二種のファンモデル「モンキー125」の価格(消費税込)は40万7000円からで、ABS付きモデルも用意されています。

【了】

【画像】ホンダ「モンキー」125の画像を見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事