全日本ロードレース選手権に参戦する日本郵便 Honda Dream TP ライダー二人のコメント発表

2020年の全日本ロードレース選手権は、新型コロナウィルスの影響で第3戦スポーツランドSUGOの開催延期も発表されています。今シーズンの開催に向け日本郵便 Honda Dream TPは、ST600クラス小山知良選手、ST1000クラス高橋裕紀選手の参戦が決定しています。参戦する両ライダーからコロナウィルスについてのコメントが公開されました。

全日本ロードレース選手権第4戦筑波が初戦となるのか!?

 全日本ロードレース選手権は、コロナウィルスの影響で第3戦スポーツランドSUGOの開催延期も発表されています。2020年全日本に参戦する日本郵便Honda Dream TPは、昨年、ST600クラスシリーズチャンピオンを獲得した小山知良選手を引き続き起用し、2連覇を目指します。

2019鈴鹿8時間耐久に参戦したKYB MORIWAKI RACING小山知良選手

 小山知良選手は、2018年より日本郵便Honda Dreamのエースライダーとして活躍し、2019年鈴鹿8耐では高橋裕紀選手とペアを組み9位に入賞しています。

 2020年シーズンより新設されるST1000クラスには、高橋裕紀選手を迎えフルエントリー。高橋選手は、新型Honda「CBR1000RR-R」と共に初代チャンピオンを目指します。

 高橋裕紀選手は、2004年に全日本チャンピオンを獲得、2005年からは世界選手権に参戦し、2009年にMotoGPクラスに参戦しています。2019年はスーパーバイク世界選手権(SBK)と全日本選手権にスポット参戦し、両レース共にポイントを獲得しました。

日本郵便Honda Dream TPライダーコメント

■小山知良選手(ST600クラス)

2019年ST600クラスシリーズチャンピオンを獲得した小山知良選手

「日本郵便さんを始め多くの皆さんに今年もサポートしていただけることを感謝いたします。今は、いつ開幕してもいいようにトレーニングなど家でできることをしっかりして、この厳しい状況を乗り越えた際は、明るい話題をお届けできるように、さらに進化した姿をお見せできるように全力を尽くします。一日も早く新型コロナウイルスが終息することを願うばかりです」

■高橋裕紀選手(ST1000クラス)

2019年JSB1000クラスにMORIWAKI MOTUL RACINGから参戦した高橋裕紀選手

「日本郵便 Honda Dream TPで新たなクラス、全日本ST1000にフルエントリーできることをうれしく思います。フルモデルチェンジされたHonda CBR1000RR-Rは、すごく高いポテンシャルを持っていますし、初代チャンピオンになれるように精一杯走ります。日本郵便は、日本全国で目にしない日はないですし、勝手に親近感を持っています。新型コロナウイルスに打ち勝ち、一日も早くレースができる環境が戻ることを祈っています」

※ ※ ※

 全日本ロードレース選手権は、6月に開催される第4戦筑波の日程について延期等の発表はアナウンスされてはいません。コロナウィルスの影響により他のモータースポーツは、6月開催の日程を延期や中止を余儀なくされています。

【了】

【画像】日本郵便Honda Dream TPを見る

画像ギャラリー

最新記事