3人乗れるのに125cc?「APtrikes125」のホントの可能性

株式会社アライブプラスが販売する小型トライク「APtrikes125」は、普通自動車免許でも運転出来るチョイ乗りに最適な一台です。今回は強みの一つである3人乗りにチャレンジしてみました。

APtrikes125の「乗り味」の一つ、3人乗りにチャレンジ!

 株式会社アライブプラスが販売する小型トライク「APtrikes125」ですが、3人も乗れるのに125cc?と、思われる方も多いと思います。実用的な維持費や燃費、積載量を発売メーカーの株式会社アライブプラスの渡辺さんに尋ねてみました。

「APtrikes125」3人乗り時の実力は?

 渡辺さん「APtrikes125は『側車付き軽二輪』として登録され、車の免許で運転可能です。車庫証明も必要なく、保険、税金は250ccのバイクと同じです。当然車検もありませんので維持費はほとんどと言っていいほどかからないと思います。

 また、燃費は山道において当社調べではリッターあたり25kmでした。街中ですともう少し悪くなるかもしれませんね。もちろん積載量によっても変わってくると思います。当社ではエンジンスペック上、1人から2人乗りを推奨しており、いざという時の3人乗りで、あくまでもちょい乗り、ちょい乗せをコンセプトに作られた車両とご理解いただければと思います」。

 なるほど。いざという時の3人乗りなのですね。でもポテンシャルとして3人乗れる構造なのは心強いものです。発売にあたり様々な道で積載量を変えながら走行のテストをしたという渡辺さん。せっかくなので3人乗り時の走りも見せていただくことにしました。

 後部座席の2人の乗った感想は「意外と狭くないですよ」とのことですが、シート幅は850mm、ルーフの高さは870mmあり、実際に男性と女性が2人で並んで座っても体が触れない広さです。囲われてない分、圧迫感はないのかもしれません。

シート幅は850mm、ルーフの高さ870mm、シートの奥行きは680mmです

 運転した感想も、2人が乗ったことで重さを感じることはそんなになかったそうです。3人の総重量は203kg。もちろん人間と物ではバランスなどは変わると思いますが、これを参考に工夫次第で色々なものが積載できそうですね。何より、後ろの2人がニコニコしていることが印象的でした。カメラと目があったら笑って手まで振ってしまう。なんだか妙に楽しい。それもこのAPtrikes125の「乗り味」の一つかもしれません。

 渡辺さん「何より、ゲストが乗れることがとても重要だと思っています。屋根があることもとても大きいと思います。このトライクの空間をゲストと共に楽しめたら、お客様のライフスタイルの選択肢がまた一つ増えるのではないかと思っています」。

 単なる「コミューター」という存在ではなく、「APtrikes125」に乗って、誰かと一緒に出かけること自体が楽しみの一つ。そうなれば、今までと違う新しい日常に出会えるかもしれません。

※株式会社アライブプラスではヘルメット着用を推進しています。

【了】

【画像】「APtrike125」魅力の一つ「3人乗り」にチャレンジ!(10枚)

画像ギャラリー

最新記事