ホンダ「CRF450R」「CRF450RWE」「CRF450RX」2021年モデル登場 日本でも間もなく発表

アメリカン・ホンダは、高いポテンシャルを秘めたオフロードモデル「CRF450R」「CRF450RWE」「CRF450RX」2021年モデルを発表しました。2020年モデルからどのような進化を遂げたのでしょうか。

さらなる進化を遂げたオフロードモデル

 アメリカン・ホンダは、オフロードモデル「CRF450R」「CRF450RWE(Works Edition=ワークスエディション)」「CRF450RX」の2021年モデルを発表しました。

ホンダ「CRF450R」(左)と「CRF450RX」(右)

“Razor Sharp Cornering”というデザイン哲学にインスパイアされた最新のCRF450Rシリーズは、「パワーの向上(特にコーナー立ち上がり)」、「ハンドリングの向上」、「過酷な状況での安定したラップタイム」の3つの目標を掲げ開発されました。

 軽量化された最新世代のツインスパーアルミフレームを採用したCRF450Rでは、横剛性を低減してコーナリング性能と安定性を向上。新しいスイングアームを採用し、リアのトラクションを向上させています。

 Unicam(ユニカム)を採用したエンジンにおいては、デコンプシステム、吸排気系(2本のマフラーから1本のマフラーへの変更を含む)を変更し、低中速域の性能を向上させるとともに、レイアウトのスリム化を図っています。
 
 また、油圧作動式クラッチの採用により、スリップを低減し、レバーの引き込みを軽くして安定した性能を実現するとともに、ボディワークとシートはスリム化しスムーズなライダーインターフェイスを実現。メンテナンス性も向上させています。

 アメリカンホンダのパワースポーツマーケティングのリー・エドマンズ・シニアマネージャーは、2021年モデルの発表に際し、次のようにコメントしています。
 
「CRF450Rは、すでにホンダのオールタイム・ヒットモデルのリストに入っており、ホンダの勝利へのコミットメントを証明し続けています。

ホンダ「CRF450RWE(Works Edition=ワークスエディション)」

 コーナリング性能を重視した2021年モデルは、レッドライダーたちがゲートからチェッカーフラッグまでの圧倒的なパフォーマンスで記録に名を残すことができると確信しています」。

※ ※ ※

 なお、CRF450Rシリーズの価格は9599ドル(日本円で約103万円)となっていますが、ホンダの広報部によると「日本でも近いうちに発売日などを発表させて頂く予定です」とのことです。

【了】

【画像】ホンダ「CRF450R」2021年モデルの画像を見る(12枚)

画像ギャラリー

最新記事