この夏一番アツい場所! カワサキワールドでバイクを堪能しまくろう! ~カワサキワールド潜入記その3~

川崎重工グループの企業ミュージアム「カワサキワールド」では創業から現在に至るまでの歴史やこれまで製造した製品の現物を見ることが出来ます。今回はモーターサイクルギャラリーについてレポートしていきます。

カッコいい展示空間「カワサキワールド」

 ついに夏真っ盛り。でも新型コロナウィルスの影響で、例年のようにレースやイベントも少なくなり、バイクファンのみなさんはかつてないほど縮小気味の夏をお過ごしではないでしょうか?

カワサキワールドに展示されたKawasaki 900 super 4(通称Z1)とNinja H2

 そんな皆さんに朗報です。カワサキワールドをご存知でしょうか? 神戸ポートタワーに隣接するメリケンパークの神戸海洋博物館内に併設された、川崎重工グループの企業ミュージアムです。入館料金は大人900円、子供400円で、神戸海洋博物館料金に含まれており、つまり両方堪能できるのです。

 もし少し遠くても、ツーリングがてら行く価値は十分です。なぜならカワサキワールド内の「モーターサイクルギャラリー」にはバイク好きにはたまらない展示がワンサカ皆さんを待っています。その内容を早速お伝えします!

 一歩踏み入るとまず右手には「Ninja H2」のストリップ、その後ろに「We challenge all possibilities for the ride of your life /私たちはあなたが生涯乗るバイクの全可能性に挑みます」という言葉と開発者たちの写真。この空間だけでも感動的でしばらく立ち止まって眺めていられます。今年はモーターサイクルショーがなかったので、こういう企業のストーリーを感じる場所に来るのは久しぶりだなぁと早々に胸アツになってしまいました。

往年の名車から最新モデルまで幅広いモデルを展示

 そして左を向けば2019年のモーターショーでアンベールされた「Z H2」、そして今、世の中のバイクファンの心を掴みまくりの並列4気筒エンジン搭載「Ninja ZX-25R」ニーゴーアールではなくトゥエンティファイヴアールがここにありますよ! 発売までまだ時間があるので、ぜひこちらで時を忘れて眺めてみてはいかがでしょう?

カワサキワールドに展示された「Z H2」と「Ninja ZX-25R」

 その先には1972年に発表された「Kawasaki 900 super 4」(通称Z1)と2015年に発表されたNinja H2が40年以上の時を超えて対をなして並んでおり、しかもZ1に至ってはエンジン番号が「00001」と刻印されています。紛れもなく第一号のエンジンだそうで、それはありがたいものを見せていただいた気持ちになります。
 
 日本語と英語でしっかり説明が書かれており、世界中の人たちに伝えようとする気持ちが溢れています。この静かでアツい空間は、バイクだけでなく展示のデザインもすばらしく、この空間自体がものすごく「かっこいい」です。ぜひ、まるっと堪能しに来てみてはいかがでしょうか?

【了】

【画像】カワサキワールドに展示された車両の画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事