2021年インディアンモーターサイクルのクルーザーラインナップに「ヴィンテージダークホース」を追加! 普遍的で時代を超えた伝統あるスタイリング

インディアンモーターサイクルの2021年のクルーザーラインナップに、ブラックアウトされた印象的なスタイリングに身を包み、更なる魅力を増した「VINTAGE DARK HORSE(ヴィンテージダークホース)」が追加されました。

ブラックアウトされ印象的なスタイリング

 2021年のインディアンモーターサイクルのクルーザーのラインナップに加わったのが、ヴィンテージダークホースです。

 インディアンヴィンテージダークホースは、普遍的で時代を超えた伝統あるスタイリングを求めるライダーのために、しなやかなブラックレザーのサドルバッグや、全体的にブラックアウトされ、引き締まったスタイルとなっています。

クルーザーのラインナップに加わった2021年インディアンモーターサイクル「VINTAGE DARK HORSE」

 そして、インディアンモーターサイクルの新しい ClimaCommandヒート&クールシートは、すべての Thunderstrokeモデルのオプション装備として設定。

 2021年の新機能である ClimaCommandシートには、クラシックとローグというふたつのスタイルバリエーションがあり、よりモダンでスマートなスタイルになっています。

 さらに、2021 ClimaCommand シートでは、一部の2020モデルと2021モデルのライドコマンド・インフォテインメントシステムを通じ、ライダーが直接冷暖を調整できるようになっており、ライダーは乗車しながらも快適さを簡単にコントロールすることが可能です。

 また、サーモエレクトロニック・テクノロジーで、ライダーとパッセンジャーは、個別に低、中、または高の冷暖管理が可能。

 一方で、柔軟なグラフェン材料により、加熱/冷却をシートの表面全体に分散し、快適さを提供するだけでなく、耐水性・耐久性の双方に優れています。

2021年インディアンモーターサイクル「ROADMASTER DARK HORSE」

 このClimaCommandシートは、2014年から2021年のThunderstrokeモデルのオプション装備として選択でき、2020年および2021年のChieftainとRoadmasterのClimaCommand シートをバイクのRide Commandシステムと連携することもできます。

 また、AppleCarPlayを、ナビゲーション付きライドコマンドが装備された2021ロードマスター、チーフテン、インディアンチャレンジャーの全モデルに標準装備。

 AppleCarPlayを利用することで、音楽、ナビゲーション設定、およびモバイルデバイス情報に対し、より簡単にカスタマイズされたコントロール性が提供されます。

 さらに2021 年の新機能として、ライダーはPowerBand Audio Quick Release Trunk Amplified SpeakerKitを使用して Indian Challenger のオーディオをアップグレードできるようになりました。

 PowerBand Audio Plusと組み合わせることで、Indian Challengerの標準オーディオシステムよりも50%出力がアップしたフェアリング&サドルバッグスピーカーからの、迫力のあるクリアなサウンドを実現します。

2021年インディアンモーターサイクル「CHIEFTAIN DARK HORSE」

 ほかにも、Challengerクイックリリーストランクは、17ガロンの容量ストレージを追加することが可能。Roadmasterのトランクと同様に、キーフォブを介してロック可能で、ふたつのフルフェイスヘルメットを収納することができます。

 さらに、スリムトランクパッセンジャーバックレストパッドと組み合わせることで、パッセンジャーは、快適なスペースを後方に2インチ程度、広げることも可能。

 チャレンジャーモデルとサンダーストロークモデルの双方で、ロープロファイルパッセンジャーパッドを備えた新しいロープロファイルクイックリリースパッド付きシーシーバーは、バイクのロープロファイルで洗練されたスタイリングを損ねること無く、パッセンジャーの快適性を高めます。

 また、チャレンジャーとサンダーストロークのライダーは、背の高いアクセサリーウインドシールドオプションを使用して、さらに防風性を高められることに加え、リーチを拡大したシートや無限のハイウェイペグ、ピナクルヒールシフターにより、快適さを追加することが可能。ふたり乗りの場合は、クイックリリースのパッセンジャーsissyバー、パッセンジャーバックレストパッド、パッセンジャーフロアボードが、パッセンジャーの快適性を高めます。

 そしてサンダーストロークモデルへは、ライダーとパッセンジャー双方の快適性をパッケージで提供。

 パッケージ内容には、エクステンド・リーチシート、ミッドライズ&16インチアップエイプハンガーハンドルバー、ライダー&パッセンジャーバックレスト、カラーマッチング・クイックリリーストランク、パッセンジャー・アームレストなどが含まれます。

 チャレンジャーライダーは、ミッドライズのハンドルバーやカラード・ウインドシールド、フロントハイウェイバーなどで快適性をアップグレード可能です。

2021年インディアンモーターサイクル「SPRINGFIELD DARK HORSE」

 ヴィンテージダークホースモデルの価格(消費税込)は、329万8000円からとなっています。

【了】

【画像】インディアンモーターサイクルのクルーザーラインナップを見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事