ヤマハ「TRACER9」発表 日本では2021年春以降に発売

ヤマハは新型のスポーツツーリングモデル「TRACER9(トレーサー・ナイン)」を欧州市場で発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

イメージを一新したトレーサー・シリーズ最上級モデル

 ヤマハは新型のスポーツツーリングモデル「TRACER9(トレーサー・ナイン)ABS」(以下:トレーサー9)および「TRACER9 GT ABS」を欧州市場で発表しました。

ヤマハ「TRACER9(トレーサー・ナイン)ABS」

“Multirole fighter of the Motorcycle”をコンセプトに開発されたトレーサー9は、トレーサー900の後継機種として登場したモデルで、スポーツ性能とツーリングなど多用途に使える実用機能を磨きながら、軽量化技術を織り込み、同クラス最軽量級の車両重量を実現した最新機種です。

 トレーサー9では厳しい排ガス規制EURO5適合の排気量890cc新エンジン、軽量CF アルミダイキャスト製の新フレームと専用リアフレームおよびリアアーム、独自のSPINFORGED WHEEL(スピンフォージド ホイール)技術による軽量アルミホイールを採用。

ヤマハ「TRACER9 GT(トレーサー・ナイン・ジー・ティー)ABS」

 IMU(慣性計測装置)を活用した運転操作を支援する各種制御を搭載したほか、機動性と機能性を表現したスタイリングを備えることでイメージを一新しています。

 そのほか、燃料計やシフトインジケーターなど表示できる情報の選択、クルーズコントロールシステムのセット速度をメーターで確認できる機能を追加した3.5インチダブルTFTメーター、従来モデルより向上したウインドプロテクション、810mmに抑えられたシート高など、充実した装備と優れた利便性を追求したトレーサー9は、2021年春以降に日本市場へ導入、価格は現状未定となっています。

【了】

【画像】ヤマハ「TRACER9(トレーサー・ナイン)ABS」の画像を見る(17枚)

画像ギャラリー

最新記事