三人いれば三車三様 「APtrikes125」で9輪キャンプツーリングに出発!

株式会社アライブプラスが販売する小型トライク「APtrikes125」は普通自動車免許でも運転出来る変わり種バイクです。今回は「APtrikes125」3台でキャンプツーリングに出かけてみました。

125ccなのに3人乗れる「APtrikes125」

 秋の色づきが始まった10月初旬、APtrikes125の輸入・販売元の株式会社アライブプラスの渡辺さん、仕事仲間の株式会社ツイントレードの田井中さん、APtrikes125イメージガールの田代琴美さんの三人で出かけたキャンプツーリングを密着取材しました。

125ccの個性派トライク「APtrikes125」。3台でキャンプツーリングに向かいます

 2020年の2月に発売されたAPtrikes125とは、側車付き軽二輪として登録される車の普通自動車免許で運転することが可能なトライクです。渡辺さんの「認知されるまでは少し時間が必要だと思っていた」という予想は大きく外れ、その可愛いルックス、そして何より乗り手次第で様々な使い方ができる車両ということで、現状(10月19日現在)新規オーダーができるのは、2021年2月入荷分からだそうです。

 そんな注目の車両で待ち合わせた三人。三台が集合するとなぜか皆さん半笑いです。そして、周りの人の注目度もかなりすごいかったです。

125ccの個性派トライク「APtrikes125」。左から輸入・販売元の株式会社アライブプラスの渡辺さん、APtrikes125イメージガールの田代琴美さん、渡辺さんの仕事仲間、株式会社ツイントレードの田井中さん

 待ちきれない三人は挨拶もそこそこに、道の駅いながわを出発しました。目的地は丹波篠山渓谷の森公園。このまま国道12号線を北西に、猪名川渓谷ラインという緑深くシンとした空気の立ち篭める山道を進みます。道中の地図を確認する三台の姿もなんとも愛らしいです。

 目的地までは16kmほどの行程で、時速50kmでとことこ走りました。走りに大きな特徴はありませんが、三人ともワクワク、ニコニコしていたのは間違いありません。

3台で走る姿は恐ろしくキュートです

 まるで何かしらの生命体のような三台の姿。なんだか時間の流れが違って見えました。さて、これからおそらくですが世界初のAPtrikes125三台によるキャンプが始まります。一体どんなことになるのでしょうか?(続く)

【了】

【画像】125ccトライク「APtrikes125」でキャンプツーリング!(16枚)

画像ギャラリー

最新記事