『小野木里奈の○○○○○日和』は、バイク初心者でも楽しめるヤマハ「SEROW FINAL EDITION」に初試乗!

今回の『小野木里奈の○○○○○日和』は、1985年の登場以来ライダーの方々にバイクの楽しさを伝え続けてきたヤマハのマウンテントレール「SEROW250 FINAL EDITION」に初めて乗ってみました!

多くのファンをもつSEROW250 FINAL EDITIONに初試乗!

 皆さんこんにちは!初心者ライダーの小野木里奈です!!

 今回はヤマハの「SEROW250 FINAL EDITION」の試乗記でございます。そして、同時にこれが私のオフロードデビューとなります! オフロードって私の中では、山でウィリーしたりなど、足場が悪いところでも自在に操ることを楽しむバイク、という勝手なイメージがあって、公道で走るバイクには向かないんじゃないかなぁと、まだ乗ってもいないのに思っていました(笑)

初めて乗る「SEROW250 FINAL EDITION」はどんなバイクなのでしょうか

 ただ、街をバイクで走っているとオフロードバイクに乗っている方をよく見かけます。大きい荷物を後ろに載せて配達をしているような方もいました。そして街乗りを楽しんでいる方はわりと派手なウエアや派手なオフロード用のおでこ部分と顎が出ているヘルメットを被っているので、より目に入ってきます。さて、それでは初のオフロードバイクで、初のセロー。果たしてその乗り味はどんなものなのでしょうか。

 まず、外見! 私がお借りしたのは「グリーン/ホワイト」です。別のカラーには「レッド/ホワイト」があります。タイヤもこれまでのバイクと違ってすごくボコボコしています。オフロードのバイクってこういうタイヤがほとんどですよね。足場が悪い道を走るわけですから明らかに他のタイプのバイクとはやはり違うんですね。そしてこのスリムさ!

 サイズは大きく感じるけど、押し歩きしてみると見た目のわりに軽いです!総重量は133kgだそうな! そりゃ軽く感じますよね。ちなみに前回乗ったSR400が175kgでした。女性でもセローなら押し歩きは苦にならないと思います。

「SEROW250 FINAL EDITION」のパープリッシュホワイトソリッド1のカラーリングがお気に入りです

 パープリッシュホワイトソリッド1は、白いボディに深緑のラインがかっこいいですね。アクセントにホイールのゴールドも色味のバランスがよくていいですよね。私は「レッド/ホワイト」よりもこちらの方が好みです。

 それでは乗ってみます。シートの位置は高いので、160cmの私にとって足つきは正直イマイチです。しかし、それをセローならではの軽さと車幅の細さが補ってくれています。少し足つきがイマイチでも停まった時に車体を少し傾ければ片足をしっかり着くことができます。ただ、バイクが重いとそれを支えることが大変なのですが、このセローの重さなら問題なく支えられます。

 また、このスリムな車体のおかげでニーグリップがとてもしやすいんです。というよりも、今までのバイクの中で一番ニーグリップをしやすく感じました。ニーグリップはバイクを乗るうえでとても重要なポイントですが、これがちゃんとできているときカーブもハンドルで曲がるのでなく、全身でバイクを操って曲がれる感覚があるので楽しいんですよね。だからこそ、初心者ライダーでもニーグリップがやりやすいという点はとても重要なことだと思います。この運転のしやすさは走っているとすごく面白いですよ!

風貌などのアクセサリーを装備したTOURING SEROWも販売されていました

 また、シートとハンドルの位置が少し高いのと、風よけがないのでこれまでのバイクよりも運転していて景色が広く感じました。でも今の時期、風よけがないと寒いですね~(笑)  SR400も風よけがないですが、セローの方がより風の抵抗を感じます。ホームページを見ると必要であれば風よけをカスタムできるとのことだったので、気になる方はそちらも視野に入れていいかもしれませんね。ブレーキも効ききますし、クラッチも硬くないので、力の弱い女性でも扱いやすいと思います。アクセル開けるとパワーがなめらかで、急にギュンッと進むこともなく、車体の軽さも相まって急にスピードが出てひっくり返る心配もないので私はこれくらいのパワーが丁度いいですね (笑)

 乗ってみて正直、これだけオフロードが快適とは思わなかったです。「全然街乗りでも楽しめるじゃない!」と思います。都心でもオフロードに乗っている方をよく見られたのですね。特に先ほど話した景色が広く見える感覚はオフロードならではなのでしょうか。加えてこのニーグリップのしやすさはどのシーンで走行するうえでも、初心者ライダーにはとても助かりますし、楽しく感じられるのはいい!

初心者でも楽しめるセロー、生産を終了したのが残念です

 今回のセローがオフロード車初体験でしたが、セローをきっかけにオフロードにこれまで以上に興味をもちます。初心者ライダーでも快適に運転を楽しめるセロー、是非おすすめしたい1台です。

小野木里奈Instagram

【了】

【画像】ヤマハのSEROWは初心者にも楽しめるバイクです (7枚)

画像ギャラリー

Writer: 小野木里奈

女優。両親の影響で幼い頃にはバイクに憧れを持ち、23歳で大型バイクの免許を取得。いつか自分もお気に入りのバイクを見つけて、友達とツーリングに行くのが夢。初心者の立場で感じたことを素直に発信する。

最新記事