ヤマハの24型電動アシスト自転車「PAS CITY-V」 スマートパワーアシストを搭載した2021年モデル発売

ヤマハは、レトロスポーティなデザインの24型電動アシスト自転車「PAS CITY-V」に、スマートパワーアシストを搭載した2021年モデルを2月3日より発売します。

スマートパワーアシスト搭載と上質なカラーリングの追加

 ヤマハは、レトロスポーティなデザインと本格的な走行性能を備えた24型電動アシスト自転車「PAS CITY-V(パス・シティ・ブイ)」に「スマートパワーアシスト」を搭載し、カラーリングを変更した2021年モデルを2月3日に発売します。

ヤマハ「PAS CITY-V」(2021年モデル)新色:バーガンディ

 2021年モデルの「PAS」シリーズに順次搭載されている「スマートパワーアシスト」は、登坂時などの高回転ペダリングでも伸びやかで快適な乗り心地(アシストフィーリング)の実現と、負荷が大きい坂道、負荷が小さい平坦路など状況に合わせて全自動でアシスト力を制御し、乗る人の動きに合わせた自然でパワフルなアシストフィーリングをさらに進化させています。

 また、アシストモードは「強モード」と「オートエコモードプラス」に加え、新たに走行中の人の動きや路面状況に応じて最適なアシストパワーを自動で制御する「スマートパワーモード」の3段階となっています。

「PAS CITY-V」は、通勤や街乗りなどで使いやすく走行性能も両立させたバランスの良いサイズ感(24型)となっており、直線的なV型フレームと砲弾型LEDランプ、レザーテイストのグリップ/サドルなどによるレトロスポーティなデザインに、24インチのタイヤと内装5段変速ラピッドファイヤーシフトなどによる本格的な走行性能、優れた制動力を発揮するVブレーキ(前輪)などの装備が特徴となっています。

 約3.5時間でフル充電、1充電当たりの走行距離は最大約78km(オートエコモードプラス)です。

「スマートパワーアシスト」を搭載した2021年モデルのカラーリングは、新色の「バーガンディ」、継続色の「ミラーシルバー」と「クリスタルブラック」の全3色設定です。価格(消費税10%込み)は13万900円、国内で年間3000台の販売が計画されています。

【了】

【画像】ヤマハ「PAS CITY-V」2021年モデルの画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事