フェニックスエンジニアリング「GUNNER50」ポップで個性的な原付モデルが日本上陸

バイク用のオリジナルマフラーの製造・販売などを行う月木レーシングは、タイのブランド「PHOENIX ENGINEERING(フェニックスエンジニアリング)製の原付モデル「GUNNER50」の販売を開始しました。どのようなモデルなのでしょうか。

前後12インチの小粋な原付モデル

 バイク用のオリジナルマフラーの製造・販売などを行う月木レーシングは、タイのブランド「PHOENIX ENGINEERING(フェニックスエンジニアリング)製の原付モデル「GUNNER(ガンナー)50」の販売を2020年1月より開始しました。

「PHOENIX ENGINEERING(フェニックスエンジニアリング)製の原付モデル「GUNNER(ガンナー)50」

 個性的な筒状のメインフレーム兼シートレールを中心に、ループ形状のアンダーフレームを備えたGUNNER50は、最高出力2.4?w/8000rpm、最大トルク3Nm/7500rpmを発揮する排気量49.47ccの4ストロークSOHC空冷単気筒を搭載した原付一種モデルです。

 キック/セルの双方を備えたGUNNER50では7色の背景を選択できるメーターや、前後ディスクブレーキなどを採用することで日常での使いが勝手と安全性が確保されています。

「PHOENIX ENGINEERING(フェニックスエンジニアリング)製の原付モデル「GUNNER(ガンナー)50」。全6色の外装色が用意されています

 イエローやブルー、グリーンなど全6種類の鮮やかな外装色が用意されたGUNNER50の価格(消費税込)は22万5500円となっています。

■GUNNER(ガンナー)50
全長:1670mm
全幅:690mm
全高:1270mm
軸距:1150mm
最低地上高:105mm
シート高:802mm
乾燥重量:75kg
タンク容量:4.5L
エンジン形式:4ストロークSOHC空冷単気筒
ボア×ストローク:39mm×41.4mm
排気量:49.47cc
圧縮比:7.3:1
最高出力:2.4Kw/8000rpm
最大トルク:3Nm/7500rpm
始動方式:セル/キック
タイヤサイズ前・後:100/70-12・120/70-12

【了】

【画像】フェニックスエンジニアリングの原付モデル「GUNNER(ガンナー)50」の画像を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事