ドゥカティ「スクランブラー」全バージョンが販売開始 日本導入時期は未定

イタリアのバイクメーカー「ドゥカティ」は、製品ファミリーのベストセラーモデルである「スクランブラー」の2021年モデルを欧州で販売開始しました。

ドゥカティの親しみやすいキャラクター、累計8万台を販売

 イタリアのバイクメーカー「ドゥカティ」は、製品ファミリーのベストセラーモデルである「スクランブラー」の2021年モデルを欧州で販売開始しました。

ドゥカティ「Scrambler 1100 Dark PRO(スクランブラー1100ダーク・プロ)」

 ドゥカティの「スクランブラー」ファミリーは、空冷L型2気筒エンジンを搭載し、排気量別に1100(1079cc)、800(803cc)、400(399cc)のモデルがラインナップしています。2020年には9265台を販売し、累計では登場から6年で8万台を販売しています。

 2021年モデルとして、800シリーズには大都会のイメージから強くインスピレーションを得た精悍なキャラクターを特徴とする「Scrambler Nightshift(スクランブラー・ナイトシフト)」をはじめ、1980年代のエンデューロバイクを想起させるカラーリングの「Scrambler Desert Sled(スクランブラー・デザート・スレッド)」、スクランブラーのなかでも一際シンプルな「Scrambler Icon(スクランブラー・アイコン)」にはスポーティな「ドゥカティレッド」やクラシックな雰囲気の「62イエロー」といった新色が設定されています。また、1100シリーズのエントリー・モデルとして位置付けられた「Scrambler 1100 Dark PRO(スクランブラー1100ダーク・プロ)」も加わり、スクランブラー・ファミリーのラインナップがさらに充実しています。

 スクランブラー・ファミリーは、「アイコン」、「アイコン・ダーク」、「デザート・スレッド」、「ナイトシフト」、「1100 PRO」、「1100 Sport PRO」、「1100 Dark PRO」から構成されており、400シリーズは日本限定となっています。

 ハイスペックなスポーツモデルがある一方で、ライフスタイル製品として個性的なモデル展開となる「スクランブラー」ファミリーの2021年モデルは、日本への導入モデルと価格は次の通り発表されていますが、発売時期は未定となっています。

Sixty2 92万円(日本限定モデル)
Icon Dark 106万9000円
Icon 114万6000円
Nightshift 134万9000円(新型)
Desert Sled 147万9000円(新型)
1100 Dark PRO 156万9000円(新型)
1100 PRO 169万9000円
1100 Sport PRO 195万4000円

【了】

【画像】ドゥカティ「スクランブラー」ファミリーの新型を見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事