ホンダ「ハイネスCB350」インド市場導入から約4ヶ月で1万台突破

ホンダが2020年10月にインド市場に導入した新型モデル「H'ness(ハイネス)CB350」が発売から約4ヶ月で販売台数1万台に到達しました。どのようなモデルなのか改めて振り返ってみましょう。

インド市場で堅調なセールスを記録する「ハイネスCB350」

 ホンダが2020年10月にインド市場に導入した新型モデル「H’ness(ハイネス) CB350」が発売から約4ヶ月で販売台数1万台に到達しました。

ホンダがインド市場に導入している「H’ness(ハイネス) CB350」。発売から約 4ヶ月で1万台のセールスを記録しています

 インド市場で展開されている「ホンダビッグウイング」という新たなディーラー網で販売されているハイネスCB350は、排気量348.36ccの空冷4ストローク単気筒SOHCを搭載したシンプルな外観のネイキッドモデルです。

 扱いやすい特性のエンジン、丸みのある燃料タンクやクロームメッキの前後フェンダー、リバースコーン型のサイレンサーなどを備えたCB350では、そのクラシカルなルックスのとは裏腹にホンダ・セレクタブル・トルク・コントロールやABS、スマートフォンとバイクを接続する「Honda SMARTPHONE VOICE CONTROL SYSTEM(ホンダ・スマートフォン・ヴォイス・コントロール・システム)」、バッテリーモニターなど最新の電子デバイスを採用。

 インドを皮切りにグローバルモデルとして世界各地の市場へ導入が進められるといいます。

 現状、日本市場への導入について正式なアナウンスはされていませんが、ビギナーからベテランライダーまで幅広くカバーしてくれるモデルだけに導入に期待したいとことです。

【了】

【画像】ホンダ「H'ness(ハイネス) CB350」の画像を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事