「スマートパワーアシスト」を搭載したヤマハのスポーティな電アシ「PAS Brace」2021年モデル発売

ヤマハは、スポーティな26型電動アシスト自転車「PAS Brace(パス・ブレイス)」に「スマートパワーアシスト」を搭載し、日常的に使いやすい機能の見直しなどを行い、2021年4月30日に発売します。

日常的に使いやすく、スポーティなモデルへアップデート

 ヤマハは、スポーティな26型電動アシスト自転車「PAS Brace(パス・ブレイス)」に「スマートパワーアシスト」を搭載し、日常的に使いやすい機能の見直しなどを行い、2021年4月30日に発売します。価格(消費税10%込み)は17万3800円、国内年間販売計画は1500台です。

ヤマハの電動アシスト自転車「PAS Brace」(2021年型)カラー:マットブラック(ツヤ消しカラー)

 2021年モデルの「PAS Brace」は、ヤマハのスポーツ電動アシスト自転車「YPJシリーズ」とのポジショニングをより明確化し、日常的に使いやすいモデルへアップデートされています。「日常使いしやすいスポーティコミューター」をコンセプトに、メインターゲットは「片道10km前後の通勤を快適に継続したいと思っている男性」としています。

 新たに搭載される「スマートパワーアシスト」は、ペダルを踏み込む力と速さ、路面状況に応じて全自動でアシスト力を制御し、登坂走行時にペダルを速く漕いでも空回り感なくアシストするなど、乗る人の動きに合わせた自然でパワフルなアシストフィーリングを進化させています。

 車体は26インチのセミスリックタイヤ、内装8段変速ラピッドファイヤーシフト、フロントディスクブレーキ、リアVブレーキ、プリロード調整付フロントサスペンションなどを装備し、優れた制動力とスポーティな走行性能を実現しています。

 また、2021年モデルでは時計表示付き「液晶5ファンクションメーター」の搭載、駐輪時に便利なサークル錠など新たな日常機能も追加され、カラーバリエーションは「マットブラック」「ホワイトオレ」「グロスブルー」の3色設定です。

 搭載される容量15.4Ahのリチウムイオンバッテリーは、残量がほぼゼロから満充電まで約4時間、一充電あたりの走行距離は、自動で最適なアシストを制御する「スマートパワーモード」で約68kmとなっています。

【了】

【画像】ヤマハ「PAS Brace」2021年モデル全色を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事