住む家を失い車上生活を送る人々の悲哀と希望『ノマドランド』

やむなく車上で生活することを強いられた高齢者(=ノマド)の生き様を描いたアカデミー賞最有力『ノマドランド』が2021年3月26日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開されます。

新時代を切り開く女性タッグによるアカデミー賞最有力の1本

 リーマンショックによって突然住む場所を失い、やむなく車上で生活することを強いられた高齢者(=ノマド)の過酷ながら希望にも溢れた生き様を描いた話題作『ノマドランド』が2021年3月26日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開されます。

車上で生活することを強いられたノマドの生き様を描いた『ノマドランド』 (c) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.

 主演は『スリー・ビルボード』(2017年)でアカデミー賞主演女優賞受賞し、絶対的存在感で世界を圧倒したフランシス・マクドーマンド。そして監督は、前作『ザ・ライダー』が第70回カンヌ国際映画祭の監督週間でプレミア上映されてアート・シネマ賞を獲得し、本作では賞レースで監督賞を総なめしている注目の新鋭監督クロエ・ジャオ。本年度のアカデミー賞でも作品賞を含む主要6部門にノミネートされ、新時代を切り開く女性タッグによって生み出された新たな傑作に期待が高まっています。

 イタリアの巨匠ルドヴィコ・エイナウディの美しい音楽とともに、アメリカ西部の美しい光景が映し出され、ジャオ監督が「放浪する人々の物語を語るために必要なのは人々が放浪に魅了される理由を理解すること」と明かすように、ノマドの生き方そのものに寄り添いながら製作が進められたそうです。また、ノマドの生き様をリアルに描くために“俳優ではない一般人を役者に起用する”という方法が採用され、主要な2人のキャラクター以外のノマド役はすべて一般人によって演じられています。

『イージー・ライダー』(1969年)や『モーターサイクル・ダイアリーズ』(2003年)は若者がバイクに乗って旅をする青春ロード・ムービーでしたが、現代のアメリカでは高齢者が車上生活の旅を余儀なくされている現実があるということに驚かされます。

本年度アカデミー賞の最有力『ノマドランド』 (c) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.

 ノマドの生き方に寄り添い、過酷ながら希望にも溢れた生き様を描く本年度アカデミー賞の最有力『ノマドランド』は2021年3月26日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開です。

【画像】映画『ノマドランド』の画像を見る(4枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事