今と思い出が交差して、暮れ行く青春に思いを馳せる『くれなずめ』

笑いとヤセ我慢と切なさが同居した、青春の残りカスが心に刺さる映画『くれなずめ』が、2021年4月29日(木・祝)よりテアトル新宿ほかにて全国ロードショーされる予定でしたが緊急事態宣言発令に伴い、公開が延期されました。

新進気鋭の監督&俳優が勢揃い

 笑いとヤセ我慢と切なさが同居した青春の残りカスが心に刺さる、アラサー男子6人の映画『くれなずめ』が、2021年4月29日(木・祝)よりテアトル新宿ほかにて全国ロードショーされる予定でしたが緊急事態宣言発令に伴い、公開が延期されました。

青春の残りカスが心に刺さる映画『くれなずめ』(c)2020「くれなずめ」製作委員会

 監督は劇団「ゴジゲン」を主宰し、作家・演出家としても活躍する松居大悟。現在公開中の映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』も監督しており、いま注目の若手監督です。

 松居監督自身の実体験をモチーフに描かれた本作には、成田凌を筆頭に、NHK連続テレビ小説『おちょやん』にメインキャストとして出演する気鋭の演技派俳優や、個性的かつ実力派の豪華俳優が勢揃い。

 友人の結婚披露宴のために5年ぶりに集まった6人の仲間たちが、披露宴と二次会の間の妙に長い“狭間”の時間を持て余しながら、しょうもないことで笑っていたあの頃に想いを馳せて、誰もが経験したことのある、太陽が沈みそうで沈まない、えも言われぬ「暮れなずむ」瞬間を描きます。この微妙な“狭間”の時間に仕掛けられた、松居監督ならではの観る人の予想を超える展開は必見です。

 なお、タイトルの『くれなずめ』は、「暮れなずむ」を変化させ、命令形にした松居監督の造語。日が暮れそうでなかなか暮れないでいる状態、転じて、前へ進もうとしてもうまく進めないでいる状態を形容しているそうです。

青春の残りカスが心に刺さる映画『くれなずめ』(c)2020「くれなずめ」製作委員会

「暮れなずむ」風景の中をバイクで走るのはとても気持ちいいですが、確かにどこか寂しさ・切なさが漂います…。あのなんとも言えない気持ちを感じさせてくれる一作。笑いとヤセ我慢と切なさが同居した青春の残りカスが心に刺さる映画『くれなずめ』は、2021年4月29日(木・祝)よりテアトル新宿ほかにて全国ロードショーされる予定でしたが緊急事態宣言発令に伴い、公開が延期されました。

【画像】『くれなずめ』の画像を見る(4枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事