アプリリアの原付二種スポーツ「RS125/TUONO125」新型登場 エンジンや電子制御を改良しモデルチェンジ

イタリアのバイクブランド「Aprilia(アプリリア)」は、小型スポーツモデル「RS125/TUONO125」の新型モデルを公開しました。どのような進化を遂げたのでしょうか。

本格的なパッケージのイタリアン原付二種スポーツ

 イタリアのバイクブランド「Aprilia(アプリリア)」は、小型スポーツモデル「RS125/TUONO125」の新型モデルを公開しました。

アプリリア「RS125」(左)と「TUONO125」(右)新型モデル

 日本においては原付二種クラス扱いとなる「RS125/TUONO125」は、若いライダーにも親しみやすいスポーツ性と、アプリリアの大型スポーツモデル譲りのデザインを採用した同社のエントリーバイクといえる存在です。

 ミドルクラスのスーパースポーツ「RS660」、およびRS660をベースにしたネイキッドモデル「TUONO660」と同じく、兄弟車と呼べる関係性にあるRS125/TUONO125の最新モデルでは、同社のアイコニックなトリプルフロントライトを採用し、デザインを一新。

アプリリア「RS125」新型モデル。ミドルクラスのスーパースポーツ「RS660」のイメージを踏襲した外観となっています

 ボッシュとの共同開発による最新の2チャンネルABSを搭載し、急ブレーキ時の転倒防止システムを追加したほか、リアタイヤの幅を140mmに広げたことで、カーブでの安定性とグリップ力が向上しています。

 また、新型RS125/TUONO125では、再設計された燃焼室を採用したシリンダーヘッド、吸気ラインの見直し、カムの変更などにより改良された新型エンジンを搭載。

アプリリア「TUONO125」新型モデル。ミドルクラスのネイキッドモデル「TUONO660」のイメージを踏襲した外観となっています

 新しいエグゾーストシステムやより洗練されたインジェクション・システムを備えることで、低速からトルクフルな特性を実現するといいます。
 
 現状、日本市場においてアプリリア製の原付二種モデルはオフロードモデル「RX125」とモタードモデル「SX125」のみが輸入・販売されていますが、近年、若年層にも人気の高いロードスポーツ系モデルだけに導入に期待したいところです。

【了】

【画像】アプリリアの原付二種スポーツ「RS125/TUONO125」を見る(13枚)

画像ギャラリー

最新記事