世界崩壊までのタイムリミットは48時間!生き残るために人は何を選ぶのか『グリーンランド―地球最後の2日間―』

突如現れた彗星による世界崩壊までの48時間を、徹底したリアリティで描いたリアルディザスターアクション『グリーンランド―地球最後の2日間―』が、2021年6月4日(金)より全国公開されます。

はたしてそのとき、何ができるのか?

 突如現れた彗星による世界崩壊までの48時間を、徹底したリアリティと最新VFX映像で描いたリアルディザスターアクション『グリーンランド―地球最後の2日間―』が、2021年6月4日(金)より全国公開されます。

リアルディザスターアクション『グリーンランド―地球最後の2日間―』(c) 2020 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

 主演を務めるのは『エンド・オブ・ホワイトハウス』シリーズなど、数々のアクション映画で力強いキャラクターを演じてきたジェラルド・バトラー。プロデューサーとしても参加した本作では、これまで演じてきたタフなヒーローではなく、どこにでもいるごく普通の父親を熱演しています。

 絶望的な状況の中、息子を守り抜く気丈な母親を『デッドプール』シリーズでのデップーの彼女役でおなじみ、モリーナ・バッカリンが演じ、2人の最愛の息子を8歳のロジャー・デイル・フロイドが演じています。

 メガホンを取ったのは『エンド・オブ・ステイツ』(2019年)のリック・ローマン・ウォー監督。バトラーとの再タッグとなる本作では、痛快なアクションから一転して、生き残るために人はどのように振舞うのかというリアリティ溢れる世界観を描きます。

 公開されている予告編には、車に家族を乗せて安全な場所に逃げようとするバトラーの姿が。未曽有の状況下で1人逃げるならバイクが有効だと思うのですが、家族を連れて行くとなると厳しいですね。いざというときにどういう行動をとるかを考えるいいきっかけになるかもしれません。

『グリーンランド―地球最後の2日間―』(c) 2020 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

 極限の状況下で“そのとき何ができるのか?”を問いかける、リアルディザスターアクション『グリーンランド―地球最後の2日間―』は、2021年6月4日(金)より全国公開です。

【画像】『グリーンランド―地球最後の2日間―』の画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事