インド映画のスーパースターが手段を問わず巨悪を裁く『ダルバール 復讐人』

インド映画のスーパースター、ラジニカーントが凶悪な犯罪者たちを相手に超絶アクションを繰り広げる話題の最新作『ダルバール 復讐人』が日本上陸です。

70歳を迎えたとは思えないキレのある動き!

 世界にインド映画旋風を巻き起こした『ムトゥ 踊るマハラジャ』(1995年)や『ロボット』シリーズ(2010年~)で知られるインドのスーパースター、ラジニカーントの最新作『ダルバール 復讐人』が日本上陸です。

インド映画の最新作『ダルバール 復讐人』

 本作でラジニが演じるのは、犯罪者を確実に逮捕する鬼神のごとき敏腕警察官であり、年頃の娘を溺愛する良き父親でもあるアーディティヤ。警察官役は27年ぶりとのことですが、凶悪な犯罪者たちを相手に1対多数の超絶アクションを繰り広げるラジニは、古希(70歳)を迎えたとは思えない“スーパースター・ラジニ”そのものです。

 政府高官にその手腕を見込まれ、ムンバイ市警察長官に就任したアーディティヤ・アルナーチャラムは、最愛の娘ヴァッリとともに現地へ赴任。しかし麻薬がはびこり、女性の誘拐・売春強要事件が多発していたムンバイで州副首相の娘らも誘拐されてしまい、アーディティヤが捜査にあたることになります。

 この機を逃すまいと麻薬密売組織の壊滅をめざして徹底的に摘発するアーディティヤでしたが、このことで犯罪組織の恨みを買ってしまいます。大切な者を奪われたうえ犯人が特定できない状況に、怒りを爆発させたアーディティヤは警察官としての正義を捨て、復讐人と化すのでした。

『ダルバール 復讐人』

 タミル語映画界のヒットメーカー、A.R.ムルガダースが監督を務める本作には、注目の若手女優ニヴェーダ・トーマスをはじめ、ナヤンターラやヨーギ・バーブら人気俳優たちも集結。歌や踊りだけでなく、華麗なアクションに初老の恋まで詰め込まれた『ダルバール 復讐人』は、201年7月16日(金)より2週間限定公開です。

【画像】『ダルバール 復讐人』の画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事