世界耐久選手権第2戦 YART Yamaha EWC Official Team が2戦連続PP獲得

YART Yamaha EWC Official Teamは、BMW Motorrad World Endurance TeamとYoshimura SERT Motulを抑え、エストリル12時間レースのポールポジションを獲得した。

2021年EWC2戦連続ポールポジション獲得

 YART Yamaha EWC Official Team(以下:YARTヤマハ)は、ポルトガルで行われるFIM世界耐久選手権の第2戦エストリル12時間レースの予選で、ポールポジションを獲得しました。

YART Yamaha EWC Official Teamカレル・ハニカ選手

 ニッコロ・カネパ選手、マービン・フリッツ選手、カレル・ハニカ選手の3人は、予選の朝、それぞれのセッションでタイムを更新してトップに立ち、3人のライダーの最速平均ラップタイムは1分37秒936で、コンマ8秒差でポールポジションを獲得しました。予選の最速ラップは、カレル・ハニカ選手の1分38秒278です。

 YARTヤマハは、予選2位のBMW Motorrad World Endurance Teamと3位のYoshimura SERT Motulに1秒近くの差をつけ、圧倒的な強さを見せています。

 2020年のエストリル12時間レースで勝利し、2021年2年連続ポールポジションを獲得したYARTヤマハは、今年も勝利を目指します。また、前戦圧倒的な強さで勝利したYoshimura SERT Motulは、予選3番手から2戦連続優勝を狙います。

予選3番手のYoshimura SERT Motul

 EWC第2戦エストリル12時間レースは、ポルトガルで7月17日の日本時間17:00にスタートします。

【了】

【画像】EWC第2戦予選の画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事