日本唯一のガソリンスタンドビジネスモデル! 「ガソリンに頼らないガソリンスタンド」が年間利益1億円を突破

株式会社MICが直営店として運営している仲町台SSの、2020年7月から2021年6月の1年間の営業利益が1億円を突破しました。電動化が進むなど、ガソリンスタンドにとって厳しい状況の中、どのようにして利益を得たのでしょうか。

日本唯一のガソリンスタンドビジネスモデル

 サービスステーションに関連するサービス開発・システム開発をおこなっている株式会社MICが直営店として運営している仲町台SSの、2020年7月から2021年6月の1年間の営業利益が1億円を突破しました。

株式会社MICが直営店として運営している仲町台SS。2020年7月から2021年6月の1年間の営業利益が1億円を突破しました

 株式会社MICは、1996年に石油製品の輸入自由化に伴ってガソリン価格が低下し、将来にわたりガソリンで得られる利益が少なくなることが予想されていたことに加え、ガソリンスタンドの新規参入も増え、ガソリン販売だけでは生き残ることができないと判断した同社代表の増田氏が、「レンタカー」、「車検」、「クルマの販売」などの油外商品で利益を出す方法を考えたことが、事業立ち上げの経緯だといいます。

 そんな油外商品事業の成功に必要なのは、油外商品を扱うスタッフの育成とオペレーションの標準化と考え、「車検」、「レンタカー」、「クルマの販売」をおこなう為に、誰でも販売できる仕組みやオペレーションを試行錯誤しながら考えたそうです。

 もちろん、自己流のやり方で油外商品の販売を伸ばすのに苦労したスタッフも少なくありませんでしたが、そんなスタッフには売れる仕組みによる実績を数字として伝え、成功体験を感じてもらい、納得して油外商品の販売に注力してもらえるよう指導。

 そんな同社独自の具体的な取り組みは、以下の3点です。

株式会社MICが直営店として運営している仲町台SS。様々な取り組みで利益を生み出しています

・車検:来店したクルマのナンバーをカメラが読み取り、車検時期が近いクルマの場合、専用の腕時計がスタッフに知らせる。

株式会社MICが直営店として運営している仲町台SS。レンタカーを気軽に利用できる仕組みを構築しています

・レンタカー:ニコニコレンタカーのアプリを開発し、気軽にスマートフォンからクルマの予約ができる。

株式会社MICが直営店として運営している仲町台SS。状態のいいクルマを仕入れ、整備後に販売を行っています

・車の販売:車両仕入れ専門部隊で状態のいいクルマを仕入れ、同社の整備工場でしっかりと整備。車両品質評価の作成やオリジナル車両保証を付けて販売した。さらに、現金やローンでの支払いだけでなく、月々定額支払い可能なリース販売もおこない、多くのユーザーのニーズに対応している。

■2020年7月から2021年6月の油外商品の粗利益
・ニコニコレンタカー:8454万円
・ニコニコ車検:2969台の車検実施、1億575万円
・定額ニコノリパック新車・中古車、車両販売:345台(リース車87台、車両販売258台)、7625万円

※ ※ ※

 直営店として運営している仲町台SSの2020年7月から2021年6月の1年間の営業利益が1億1859万円を記録した株式会社MICですが、前年の営業利益は9426万円。油外商品を販売することで、コロナ禍でも営業利益を伸ばす結果となりました。なお、一般的なSSの年間営業利益は1000万円前後あれば優秀といわれています。

【了】

【画像】多様化するガソリンスタンドのサービスを画像で見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事