台湾映画界からフレッシュな“偏人”ラブストーリー上陸!『恋の病 ~潔癖なふたりのビフォーアフター~』

潔癖症な2人の“清らかな”恋とその顛末を描く、台湾映画界からのフレッシュなラブストーリー『恋の病 ~潔癖なふたりのビフォーアフター~』が、2021年8月20日(金)より公開されます。

なんと、全編をiPhoneで撮影!?

 今ふたたび黄金期を迎えている台湾映画界から、フレッシュなラブストーリーが日本上陸。これまで数々のヒット作で執行監督(現場を取り仕切る役職)を務めたリャオ・ミンイー監督のデビュー作『恋の病 ~潔癖なふたりのビフォーアフター~』です。

『恋の病 ~潔癖なふたりのビフォーアフター~』(c) 2020 牽猴子整合行銷股有限公司 滿滿額樂股有限公司 台灣大哥大股有限公司

 本作の主人公は、極度の潔癖症同士という共通点で意気投合して恋に落ちたボーチンとジン。外出するときは雨合羽にゴム手袋、マスク装着という徹底した衛生対策で、コロナ禍では合理的なようにも見えてしまいますが、やはり日常生活にはかなりの支障がありそうです。それでも互いに理解し合える運命の相手と出会ったことで、二人の“清らかな”恋は燃え上がっていくのでした。しかし、ある時ボーチンの潔癖症が突然“治ってしまった”ことから、二人の関係に亀裂が生じてしまい……。

 少しだけ周囲と違う二人を“偏人”と表現し、ときに面白おかしく、ときに優しい眼差しで物語を紡いでいく本作。なんと全編にわたってiPhoneで撮影されたそうですが、映像のビビッドな質感と親密な空気感はスマホによる距離感のおかげでしょうか。予告映像でも確認できる独特な画角が本編でどう活かされているのか、映像に注目して観るのも面白いかもしれません

『恋の病 ~潔癖なふたりのビフォーアフター~』(c) 2020 牽猴子整合行銷股有限公司 滿滿額樂股有限公司 台灣大哥大股有限公司

 奇しくも、同じく周囲と少しズレている男女の不器用な恋を描いた台湾映画『1秒先の彼女』(2020年)と似た設定ですが、本作も世界中の映画祭で絶賛され数々の賞を獲得し、国内外で大きく話題を集めています。日本でもファン層を拡げつつある台湾映画界の実力を再確認できるであろう『恋の病 ~潔癖なふたりのビフォーアフター~』は、2021年8月20日(金)よりシネマート新宿ほかにて公開です。

【画像】『恋の病 ~潔癖なふたりのビフォーアフター~』の画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事