少年たちの初めての恋と永遠の別れを描く極上のラブストーリー『Summer of 85』

フランス映画界の巨匠、フランソワ・オゾン監督が自身の思い入れたっぷりに描く、少年の淡く切ないラブストーリー『Summer of 85』が、2021年8月20日(金)より全国順次公開中です。

美しき少年たちの永遠のラブストーリー

 世界三大映画祭の常連にして、世界中が新作を待ち望むフランス映画界の巨匠、フランソワ・オゾン監督の最新作が『Summer of 85』です。オゾン監督が若かりし頃に出会い感銘を受けたという小説「Dance on my Grave」(エイダン・チェンバーズ著)を映画化した本作。運命的な出会いを果たした美しき少年たちの、初めての恋と永遠の別れを、自身の思い入れたっぷりに描いています。

『Summer of 85』(c)2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINEMA PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES

 物語の舞台となるのは1985年、夏のフランス。進路に悩む16歳の少年アレックスは、自然体で飄々とした18歳のダヴィドと出会い、お互いに惹かれ合います。しかし、二人の蜜月は長くは続きません。ダヴィドが交通事故で亡くなってしまったのです。突然の喪失にアレックスは生きていく気力を失いかけますが、生前のダヴィドと交わした「どちらかが先に死んだら、残された方はその墓の上で踊る」という誓いを思い出し、二人の物語を文章で残そうとタイプライターを打ち始めるのでした。

 イケメンではなく“ハンサム”と呼びたくなるアレックスとダヴィドを演じたのは、いずれもオゾン自らがオーディションで見出したという注目の若手俳優、フェリックス・ルフェーヴルとバンジャマン・ヴォワザン。二人は撮影前から意気投合したそうで、劇中でも息の合った演技を披露しています。印象的に描かれるバイクである1973年Suzuki「GT250K」の二人乗りシーンはポスタービジュアルにも使用されていますが、思わず見惚れてしまう美しさです。

『Summer of 85』(c)2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINEMA PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES

 色鮮やかでノスタルジックな映像美と、80年代ヒットソングの数々で彩られた、少年たちの美しくも儚い夏のひと時……。第73回カンヌ国際映画祭でオフィシャルセレクションに選出され、第15回ローマ国際映画祭で観客賞を受賞、第46回セザール賞では作品賞や監督賞など11部門12ノミネートされた極上のラブストーリー『Summer of 85』は、2021年8月20日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、グランドシネマサンシャイン池袋ほか全国順次公開中です。

【画像】『Summer of 85』の画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事