2021年SBK第11戦ポルトガル ヤマハ・ラズガトリオグルがポイント差を拡大

スーパーバイク世界選手権(SBK)の2021年シーズン第11戦ポルトガル決勝レースが10月2日から3日にかけてアルガルベ・インターナショナル・サーキットで開催されました。今回のレースを終え、ランキングトップのT・ラズガトリオグル選手(Pata Yamaha with BRIXX WorldSBK)が2位以下との差を広げています。

T・ラズガトリオグル選手がチャンピオン獲得に向け前進

 スーパーバイク世界選手権(SBK)の2021年シーズン第11戦ポルトガル決勝レースが10月2日から3日にかけてアルガルベ・インターナショナル・サーキットで開催されました。

ポイントランキングトップ3の3選手。左からスコット・レディング選手(Aruba.it Racing-Ducati)m,トプラック・ラズガトリオグル選手(Pata Yamaha with BRIXX WorldSBK)、ジョナサン・レイ選手(Kawasaki Racing Team WorldSBK)

 ポルトガルラウンドでは、土曜日のレース1でトプラック・ラズガトリオグル選手(Pata Yamaha with BRIXX WorldSBK)が優勝。2位にスコット・レディング選手(Aruba.it Racing-Ducati)、3位にロリス・バズ選手(Team GoEleven)が入賞しました。

 レース2日目、10周で競われるスーパーポールレースでは、マイケル・ファン・デル・マーク選手(BMW Motorrad WorldSBK Team)が優勝。2位にスコット・レディング選手、3位にロリス・バズ選手が入賞し、日本メーカー以外のマシンが勝利を収めています。

 また、レース2ではリタイアが続いたジョナサン・レイ選手(Kawasaki Racing Team WorldSBK)が優勝。2位にスコット・レディング選手、3位にロリス・バズ選手が入賞しています。

 今回のレースを終え、ポイントランキング トップ3の選手は次のようにコメントしています。

■トプラック・ラズガトリオグル選手(Pata Yamaha with BRIXX WorldSBK)/478ポイント

トプラック・ラズガトリオグル選手(Pata Yamaha with BRIXX WorldSBK)

「ウエットのスーパーポール・レースで、レイ選手が転倒したのを見てスロットルを緩めました。バルセロナでのウエットと比べて調子があまり良くなかったこともあり、ここは完走を目指し、レース2に賭けようと思ったのです。

 ところがレース2ではバッドラックに見舞われてしまいました。フロントフェンダーの何かが壊れて、それがフロントタイヤのところに入ってしまい、フロントがスライドしてしまったのです。何という不運でしょうか!
 
“なぜストレートで壊れてくれなかったのか、それなら問題なかったのではないか、なぜ最終コーナーで起きてしまったのか”と心のなかで叫びました。でもこれが人生、これがレースというものです。優勝争いをしていたので悔しいですが、私は転倒し、しかも自分のミスではありませんでした。

 でもこのことはもう振り返らず、ただ次のレースに集中するだけです。チャンピオンシップは毎回、変動しています。今はアルゼンチン大会に集中し、また優勝を狙っていきます。もし優勝すればポイントをもらえますが、そのことは依然として考えていません!」

■ジョナサン・レイ選手(Kawasaki Racing Team WorldSBK)/454ポイント

ジョナサン・レイ選手(Kawasaki Racing Team WorldSBK)

「レース2では、おそらく今季最高のスタートを切ることができました。第1コーナーですぐに4位か5位の好位置につけて、そこからは自分のマシンがとても良く機能していることを実感できました。機敏で、思い通りに走らせることができました。

 今日は向かい風の中、ストレートで少し苦労しました。昨日は空気が澄んでいるときから先頭に出ようとしていたので、少し作戦を変えましたが、ストレートで余裕を持つためにはラップの最初に行かなければならないと思っていました。自分のリズムに合わせて、コース上のすべてのマークに当てながら1分41秒台のラップを刻みました。
 
 チームのみんなに感謝しなければならないでしょう。というのも、僕のマシンはシャシーの観点から見てとても良かったからです。レース2では唯一、向かい風に悩まされた。トプラク選手がコースアウトしたという信号を受けて、戦略を少し変えてピットボードに向かいました。
 
2位との差がどんどん広がっていったので、バイクの上ではリラックスできました。この週末は、焦りすぎて愚かなミスをたくさんしてしまったので、多くのことを学びました。だからこそ、自分のリズムが高く、最終ラップまで彼らと戦えることを信じなければならないと思うんです」。

■スコット・レディング選手(Aruba.it Racing-Ducati)/424ポイント

スコット・レディング選手(Aruba.it Racing-Ducati)

「レース1はいいレースだったと思います。正直に言うと、優勝を狙えるほどのペースがあるとは思っていなかったですが、トップに立ってからは、レイ選手とトプラック選手の争いを利用してギャップを作ろうとしました。終盤のトプラック選手とのバトルはとても厳しかったです。

 レース2では、フィーリングを向上させることができたので、とても良かったと思います。レース2ではレイ選手についていこうとしましたが、風が強かったこともあって、彼のペースのほうが良かったです。いずれにしても、自分たちの成果にはとても満足しています。これからも戦い続けていきたいと思います。

※ ※ ※

 2021年SBK第12戦アルゼンチンは10月15~17日にかけてサンフアン・ビリクム・サーキットで開催予定です。

【了】

【画像】2021年SBK第11戦ポルトガル決勝レースの様子を画像で見る(14枚)

画像ギャラリー

最新記事