ホンダ「CT125・ハンターカブ」に新色「パールオーガニックグリーン」追加 2022年1月20日より発売

ホンダは原付2種(第二種原動機付自転車)のレジャーモデル「CT125・ハンターカブ」に新色を追加し、2022年1月20日(木)に発売します。

新色は市街地からアウトドアまで、幅広い環境にマッチするイメージを採用

 ホンダは原付二種のレジャーモデル「CT125・ハンターカブ」に新色「パールオーガニックグリーン」を追加し、2022年1月20日(木)に発売します。価格(消費税10%込み)は44万円です。

ホンダ「CT125・ハンターカブ」新色:パールオーガニックグリーン(2022年1月20日発売)

「パールオーガニックグリーン」は市街地からアウトドアまで、幅広い環境に調和するカラーとして追加され、継続色の「グローイングレッド」、「マットフレスコブラウン」と合わせ、全3色のカラーバリエーションとなります。

「CT125・ハンターカブ」(排気量124cc)は、2019年秋の東京モーターショーで世界初披露されて以来大きな反響を呼び、2020年6月26日の発売より前に、年間生産台数8000台を超える予約が入った人気モデルです。

「スーパーカブ」シリーズの魅力である市街地での普段使いの気軽さや利便性、機動性に加え、タフなイメージのスタイリングや日常での使いやすさ、ツーリングやトレッキング用途に対応した装備などの魅力から、郊外へのツーリングやキャンプなど、さまざまなアウトドアレジャーへの移動手段として、ビギナーからベテランライダーまで幅広い年齢層に支持されています。

※ ※ ※

 ホンダ「CT125・ハンターカブ」(パールオーガニックグリーン)の国内年間販売計画台数は7000台です。

【了】

【画像】ホンダ「CT125・ハンターカブ」のカラーバリエーションを見る(3枚)

画像ギャラリー

最新記事