遊園地の乗り物として開発された?「モンキーZ100」ってどんなバイク?

「モンキー」といえば、ホンダを代表するシリーズのひとつでしょう。そんなシリーズの元祖モデルとなった「モンキーZ100」というバイクがあります。いったいどのようなモデルなのでしょうか。

「モンキーZ100」とはどんなバイクなのか?

 ホンダ「モンキーZ100」は、ホンダの自動車遊園地であった多摩テック用のレジャーバイクとして、1961年に発表されました。後にホンダの50ccバイクを代表するモデルに成長した、モンキーの元祖ともいわれています。

レジャーバイクとして誕生したホンダ「モンキーZ100」

 多摩テックは「ユーザーに思う存分走れる場所を提供する」というスローガンのもと、本格的なモータースポーツランドとして2009年まで東京都日野市にあった遊園地です。「モンキーZ100」はもともと、当時の若い技術者たちが「可能な限り小さいバイクを」と試作したのが始まりと言われており、社内コンペで高評価を受けたものでした。

 Z100はそれをベースに開発され、子どもが気軽にバイクに触れられるよう熟成された一台の正式名称を「モンキーオート」といいました。

 遊園地用に特化し公道での使用は想定されていなかった「モンキーZ100」ですが、そのつくりは市販バイクにも決してひけをとらないものだったのです。モンキーの最終モデルがもつ凝縮感満載のフォルムに対し、「モンキーZ100」は随分とシンプルでフレームが目立つ外観となっており、悪い言い方をすればチープにも感じられます。

 しかし、コンパクトで万人から愛されるデザインという方向性は後のモンキーにも共通するもので、モンキーの高いアイデンティティにつながっているのです。また、三角形の樹脂タンクやアップマフラーなども、Z100がもつ外観上のアクセントになっていました。後のモンキーにも共通する機能として、「モンキーZ100」は折り畳み式ハンドルを採用していたのも特徴のひとつでしょう。

 チープともいえる外観に反して、「モンキーZ100」は遊戯車両と呼ぶにはあまりに本格的に仕上がった1台でした。ホイールこそ小径の5インチを採用しているものの、エンジンは世界的なヒット作となったスーパーカブ用の49cc空冷単気筒OHVエンジンを搭載。

 子どもでも安全に走れるようデチューンされていたとはいえ、最高速度が時速15~20kmという性能は、実際に公道を走らせても当時の交通状況にマッチできたかもしれません。遊園地用ではありながらも3速トランスミッションを採用していたのも、走行性能にこだわったホンダらしい点でしょう。また、本格的なエンジンに対して、サスペンションにはシンプルなリジッドサスを採用。これは「モンキーZ100」が遊園地用に限定されていたため、乗り心地や操縦性をさほど重視せずに済んだことも影響しているかもしれません。

「モンキーZ100」は、もともと生産台数が少なかったため現存する車両を見かけることはほぼ考えられず、ホンダにも詳細な資料が残っていません。データはエンジンやタイヤサイズ以外、今ではほとんどわかっていないのです。

輸出向け車両として生産された「モンキーCZ100」

「モンキーZ100」は、イギリスやフランスを中心としたヨーロッパ向けにPR車両として生産したところ大きな反響があり、「CZ100」という型番で本格的に生産、輸出が始まったといわれています。そして、2年間の生産を経て1967年に登場した「Z50M」型で正式に「モンキー」と命名され、国内でも販売が開始されました。

「モンキーZ100」は自社の遊園地用に開発されたモデルのため、非売品として価格が付いていません。また、後継の「CZ100」は海外専用モデルのためこちらも国内価格は付いていませんが、Z50Mは本体価格が6万3000円だったというデータが残っています。

1967年に登場したホンダ「モンキーZ50M」

 1968年に始まった現・厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、同年の大卒初任給は月額3万600円。これらのことを考慮すると、「Z100」は相当高額なバイクだったことが推察されるでしょう。

 その後、スーパーカブや1978年に姉妹車として登場したゴリラとともに、ホンダの50ccバイクを代表するモデルとして広く知られることとなるのです。

 何度かのモデルチェンジを繰り返しながらロングヒットとなったモンキーですが、年々厳しさを増す排ガス規制に対応することが困難になりました。そして最終的には、平成28年排ガス規制を前にして、2017年にその歴史に幕を閉じたのです。

2018年に125ccクラスのモデルとして復活した「モンキー125」

 しかし「Z100」から連なるモンキーの系譜は、2018年にタイからの輸入モデルとして124ccエンジンを搭載する「モンキー125」に受けつがれ、2021年11月時点も継続して生産、販売されています。

※ ※ ※

 生産終了後もなお高い人気を誇るのがホンダの「モンキー」シリーズですが、そのルーツである「モンキーZ100」のことはほとんど知られていません。車名こそ1967年の国内での市販開始に由来すると言われていますが、もとをたどれば「モンキーZ100」にさかのぼります。

1959年マン島TTレースに参戦したHondaチーム

 レジャーバイクとして生産された「モンキーZ100」は、本来の用途や外観からは考えられないほどの優れ技術が凝縮された1台です。それはまさに1947年に始まったホンダ製バイクの歴史そのものであり、マン島TTレースに端を発するバイクへの熱い想いが込められているといえるでしょう。

【了】

【画像】歴代モンキーの画像を見る(11枚)

画像ギャラリー

最新記事