バイクで交通違反をしてしまったら? 違反切符の持つ色の意味とは

交通違反により警察の取り締まりを受けた場合、その場で違反切符を切られることになります。ひとことで違反切符といっても、その種類や罰則内容はさまざまですが、いったいどのような種類があるのでしょうか。

違反切符の色は違反の度合いによって異なる

 スピード違反や路上駐車、ヘルメット不着用、スマホのながら運転などの交通違反により、警察官の取り締まりを受けて渡される違反切符。この違反切符には、「白切符」、「青切符」、「赤切符」の3種類が存在します。それぞれ罰則などには、どのような違いがあるのでしょうか。

違反切符には、「白切符」、「青切符」、「赤切符」の3種類が存在します
違反切符には、「白切符」、「青切符」、「赤切符」の3種類が存在します

 違反した内容によって違反点数や反則金、処罰は異なりますが、切符の色を見ただけで、どれくらいの違反をしたのかは一目瞭然。白→青→赤の順番で、重い罰則が科されます。

 そのため、もし白バイ隊員から赤切符を手渡されるようなことがあれば、相当な厳罰を覚悟しなくてはいけません。本人は軽い交通違反だと思っていたことが、実は重い刑罰の対象になっている場合も存在。まずは交通ルールを守り、違反切符を切られないように心がけましょう。

 交通違反のなかで、もっとも軽度な違反という扱いで切られるのが白切符です。この白切符は、違反点数が1点のみで反則金はありません。

 バイクで白切符が切られるのは、ヘルメット未着用(ノーヘル)で運転した時など。反則金はありませんが、違反点数が1点科せられるため、それまでの違反点数が積み重なって6点以上になると免許停止の対象となることもあるので注意しましょう。

 次に罰則が重い青切符は、正式名称を「交通反則告知書」といい、もっとも切られることが多い違反切符です。日常的に考えられる交通違反の大半がこの青切符に該当し、5点以下の違反点数と反則金が科せられます。

 例えば、踏切の一時停止違反(違反点数:2点、反則金:7000円)や駐車禁止場所での駐車違反(違反点数:2点、反則金:6000円)、ながらスマホ(違反点数:3点、反則金:1万5000円)、時速30km未満の速度違反(違反点数:3点、反則金:1万5000円)などの違反行為が対象。交通違反をして検挙されたことのあるライダーのほとんどは、青切符を受け取っているのではないでしょうか。

 なお、反則金には支払期限があり、その期日を過ぎると刑事事件として刑罰が科されます。これは交通反則通告制度、通称「反則金制度」と呼ばれるもので、反則金を支払うことで刑事処分が免除される制度が適応されているからです。

反則金を支払うことで刑事処分が免除される理由とは?

 交通反則通告制度は、1968年頃から増えつつあった交通違反に対し、裁判所がその都度ひとつひとつの違反に対して処罰を決定していては、処理しきれないということで、軽微な交通違反については反則金の納付という形で処理する方法がとられることになりました。

東京簡易裁判所墨田庁舎
東京簡易裁判所墨田庁舎

 そのため、反則金を期限まで納付しないと、裁判所または交通反則通告センターに出頭する必要が出てきます。反則金の支払いは銀行や郵便局のみの対応となっている点も、覚えておくと良いでしょう。

 また、なんらかの理由で納付が間に合わない場合、または最初に受け取った「納付書」を紛失してしまった場合は、通告センターに連絡すると、新しい納付書を発行してもらえます。郵送されてきた納付書でも、期日内に反則金を支払えば、刑事処分を受けることはありません。

 そしてもっとも罰則が重い赤切符は、違反点数が6点以上の重大な交通違反をした時に切られる切符です。赤切符が切られた段階で免許の停止は確実なうえ、今までの累積で貯まった違反点数によっては、免許の取り消しにもなり得ます。

赤切符が切られるような違反の一例としては、スピード違反であれば高速道路で時速40㎞以上の超過、一般公道であれば時速30㎞以上の超過(違反点数:6点)です
赤切符が切られるような違反の一例としては、スピード違反であれば高速道路で時速40㎞以上の超過、一般公道であれば時速30㎞以上の超過(違反点数:6点)です

 赤切符が切られるような重大な違反の一例としては、スピード違反であれば高速道路で時速40㎞以上の超過、一般公道であれば時速30㎞以上の超過(違反点数:6点)が挙げられます。

 他にも酒気帯び運転(違反点数:13点)や薬物運転(違反点数:35点)、無免許運転(違反点数:25点)など、常識的に考えても深刻な違反と思えるような内容が該当します。

 さらに、無車検運転や無保険運転なども赤切符の対象。しばらく乗っていなかった車検切れのバイクを運転した場合や、車検にとおすため販売店まで、または仮ナンバーを使用せずにバイクを自走させた際などに、取り締まりを受けると赤切符の対象となるので注意しましょう。

 なお、処罰は切符を受け取った時点では決まっていません。後日、指定された日に県内の指定された簡易裁判所内の警察詰め所に出頭し、事情聴取をおこなった後に略式裁判を実施。刑事罰と罰金、反則金が科されます。

 赤切符は、違反内容によっては懲役刑になることもあるほか、犯罪者として前科が付くことも考えられる重罪です。そのため、赤切符を切られるような違反行為は刑罰が重いだけでなく、社会的にも大きなダメージを負うこともあり得ます。

 そのため、普段から十分に気を引き締めて、交通ルールを順守してバイクを運転することを心がけましょう。

【画像】違反切符の持つ色の意味を画像で見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事