二輪免許を取得したい! 坂道発進や一本橋の走り方のコツとは

二輪免許を取得する際、必須ともいえる項目が「坂道発進」と「一本橋(平均台)」です。難しく感じるかもしれませんが、事前にコツを掴んでおけば、クリアできる可能性が高くなります。どのような点に注意して、走行すれば良いのでしょうか。

坂道発進時のコツや注意点とは

 二輪免許を取得する際、必須ともいえる項目が「坂道発進」と「本橋(平均台)」です。どのような点に注意して、走行すれば良いのでしょうか。

二輪免許を取得する際、必須ともいえる項目が「坂道発進」と「本橋(平均台)」です
二輪免許を取得する際、必須ともいえる項目が「坂道発進」と「本橋(平均台)」です

 そもそもバイクの場合、停車している状態では自立できないという点が、四輪の自動車とは大きく異なります。そのため、バイクの運転時はバランスをとるのが難しく感じるかもしれません。バイクを乗りこなすには、運転技術を身につけなければなりませんが、その例として坂道発進や一本橋走行などがあります。これらは免許試験で必須とされているため、避けて通ることができません。

坂道発進の前に、坂の途中でいったん停車します。きちんと後方を確認した上で、1速にシフトダウンし、前後のブレーキをかけて左足を着けます
坂道発進の前に、坂の途中でいったん停車します。きちんと後方を確認した上で、1速にシフトダウンし、前後のブレーキをかけて左足を着けます

 二輪教習における坂道発進の各手順の共通点としては、「焦らず目の前の操作に注力する」という点が挙げられます。また、具体的な注意点としては、坂の中腹の左側に1速で向かうことも挙げられます。坂道発進の前に、坂の途中でいったん停車します。きちんと後方を確認した上で、1速にシフトダウンし、前後のブレーキをかけて左足を着けます。

 ふたつ目の注意点は、ブレーキペダルをしっかり踏むということです。公道の坂道発進ではフロントブレーキを使用することもありますが、教習所で坂道発進を行う際はリヤブレーキを使用します。この際、停止後にフロントブレーキを離しますが、その際バイクが後退しないようにしっかりブレーキペダルを踏んでおくことが重要です。

 3つ目の注意点は、やや前傾のライディングポジションをとるということです。坂道発進で加速した際に、身体が後ろへ持って行かれないよう、気持ち前傾姿勢をとることで加速Gに対応することができます。

 4つ目の注意点は、スロットルを回してエンジンの回転数を上げることです。アイドリング状態のままクラッチをつなぐと、トルク不足でエンストする可能性があります。これを防ぐために、エンジン回転数を上げておく必要がありますが、教習所では3000回転くらいという指導を受ける場合が多いです。

 しかし確実にスタートするために、初心者は回転数を少し高めにしておくと良いかもしれません。その際、アクセル開度を一定にしておけば、クラッチがつながった時に回転数が若干落ちるのでわかりやすいといえます。

平坦な道路と同じ感覚だとエンストしてしまうため、クラッチレバーを操作して半クラッチ状態にする際は、通常の発進とは異なる点に注意が必要です
平坦な道路と同じ感覚だとエンストしてしまうため、クラッチレバーを操作して半クラッチ状態にする際は、通常の発進とは異なる点に注意が必要です

 また、半クラッチにするということも忘れてはいけません。クラッチレバーを操作して半クラッチ状態にする際は、通常の発進とは異なる点に注意が必要です。平坦な道路と同じ感覚だとエンストしてしまうため、クラッチをつなぐ際はタコメーターを見て、回転数が落ちるのを入念に確認することが重要です。

 坂道発進する際の最後の注意点としては、バイクが前に動き出そうとしたらブレーキペダルを離す、ということが挙げられます。クラッチのつながり始めを確認したら、アクセルやクラッチを一定に保ちながらゆっくりとブレーキペダルを離します。この際、ちゃんと前に進まない場合は、エンストしないように注意しながらクラッチをもう少し離していきます。坂を登り切ったら2速に入れれば、ここで坂道発進は完了です。

一本橋走行時の注意点とは

「直線狭路コース」という正式名称をもつ一本橋は、平均台とも呼ばれています。狭い道路でも低速、かつ安全に走行させるための技術を修得する、という目的で課程が設けられています。形状は『長さ15メートル、幅30センチ、高さ5センチ』の直線路ですが、教習では一本橋の3メートル手前にある停止線からスタートします。

一本橋に乗り上げる際は、「まっすぐに」走る意識や、進入する意識をもつことがポイントです
一本橋に乗り上げる際は、「まっすぐに」走る意識や、進入する意識をもつことがポイントです

 一定の通過時間を超えて走行しなければならず、初心者ライダーにとっては、ゆっくりとバランスをとって走るのは、難しく感じるかもしれません。苦手とする人が多いポイントについて、どんな対処法が挙げられるのでしょうか。

 まず、一本橋への乗り上げが苦手なライダーは、スタート前の停止位置や一本橋に進入する時のラインを、十分意識できていないということが考えられます。一本橋に乗り上げる際は、「まっすぐに」走る意識や、進入する意識をもつことがポイントです。この際、目線は一本橋の中央に向け、スタート後は勢いをつけて乗り上げる方が、滑らかに乗り上げることができます。

一本橋に乗り上げたときは、視線をすぐに遠くに置き、ゴール地点に意識を向けることが必要です
一本橋に乗り上げたときは、視線をすぐに遠くに置き、ゴール地点に意識を向けることが必要です

 また、乗り上げた直後にバランスを保てない場合は、乗り上げ時と同様目線が定まっていない可能性があります。一本橋に乗り上げたときは、視線をすぐに遠くに置き、ゴール地点に意識を向けると良いといえます。そのままでは少しずつ目線が近くなってしまうため、遠くを見るという意識を持ち続けることも大事です。

 また、一本橋の中盤でバランスを崩してしまう人は、タイムや速度への意識を変えると良いかもしれません。タイムは結果としてついてくるため、まずは安定して渡りきることを重点的に練習することが求められます。

低速走行が苦手な人は、一本橋を渡る際に、速度の調整にも注意が必要です
低速走行が苦手な人は、一本橋を渡る際に、速度の調整にも注意が必要です

 低速走行が維持出来ない人は、一本橋を渡る際に、速度の調整にも注意が必要です。通過タイムが早すぎれば減点対象になりますが、逆に遅すぎると安定した走行ができなくなります。これを克服するためには、教習を通じて自分が安定して走行できる「最低速度」を体で覚えておくことが求められます。その上で、ブレーキングやアクセルワーク、ハンドル操作を微調整するのもポイントです。

安定感を増すためのコツとしては、ニーグリップを強く意識するという方法もあります
安定感を増すためのコツとしては、ニーグリップを強く意識するという方法もあります

 安定感を増すためのコツとしては、ニーグリップを強く意識するという方法も挙げられます。ニーグリップで体とバイクを一体化させることで、低速走行でも重心をより安定させることが可能といえます。

※ ※ ※

 四輪に比べ、バランスが取りにくいという特徴から、バイクの運転免許取得時には安定した走行ができるよう、坂道発進や一本橋などのカリキュラムが含まれています。

 一本橋走行は、実際に遭遇する場面が少ないかもしれませんが、坂道発進も含めしっかりと体に覚え込ませておきたい技術といえます。これらの記述をしっかり身につけることで、免許取得後の移動やツーリングをより安全かつ快適に楽しめるようにしたいところです。

【画像】坂道発進や一本橋の走り方のコツを画像で見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事