【ダカールラリー2022ステージ1B】GASGASのダニエル・サンダース選手が勝利

ダカールラリー2022のステージ1Aは、GasGas Factory Teamダニエル・サンダース選手がステージ1Bを制しました。2位には前日に続きMonster Energy Honda Teamのパブロ・キンタニラ選手が2位でフィニッシュしています。

ステージ1BもGASGASのダニエル・サンダース選手が勝利

 ダカールラリー2022ステージ1Bは本格的なステージです。初日のステージ1Aに続きGASGAS Factory Teamのダニエル・サンダース選手が2位のMonster Energy Honda Teamのパブロ・キンタニラ選手に約2分の差をつけステージ優勝を果たしました。3位はRed Bull KTM Factory Teamのマティアス・ウォークナー選手が入っています。

ダカールラリー2022ステージ1Bは、GASGAS Factory Teamのダニエル・サンダース選手勝利
ダカールラリー2022ステージ1Bは、GASGAS Factory Teamのダニエル・サンダース選手勝利

 ダカールラリー2022ステージ1Aは、ステージ1Bのスタート位置を決めるためのプロローグステージでした。2日目ステージ1B は、333kmに及ぶ砂地にはキーポイントがいくつかあり、ナビゲーション能力が試されるルートになります。特にスペシャルステージ(SS)の後半50kmではルートを見失うライダーが続出しました。

ステージ1B2位のMonster Energy Honda Teamのパブロ・キンタニラ選手
ステージ1B2位のMonster Energy Honda Teamのパブロ・キンタニラ選手

 パブロ・キンタニラ選手は、すばらしいパフォーマンスを見せ、ライディングにもナビゲーションにもミスなくハイルのビバークに戻り昨日に続き総合2位でフィニッシュしています。

 また、ジョアン・バレーダ選手、リッキー・ブラベック選手、ホセ・イグナシオ・コルネホ選手は、ステージで最もトリッキーなポイントで苦戦を強いられ、数分のロスにより順位を落としています。

■リッキー・ブラベック選手(ステージ39位/総合35位)

リッキー・ブラベック選手
リッキー・ブラベック選手

 僕のラリーが終わってしまった気分です。昨年の初日も同じことを言いましたが、今日はそれよりもタイムをロスしました。序盤は好調だと思ったのですが、チームメートに抜かれて3分の差が開いてしまいました。チームメートのパブロ(キンタニラ)にとっていいレースになるよう願っています。燃料補給までのナビゲーションは本当にトリッキーで、自分ではよく頑張ったと思います。257km付近でルートをロストしてしまいました。僕は2、3回戻りましたが、なかなかウエイポイントを見つけることができず、ジョアン(バレーダ)、トビー(プライス/KTM)、アンドリュー(ショート/ヤマハ)、ケビン(ベナビデス/KTM)と、ポイントを見つけるまで何周も回り、そのあとは最後まで一緒に走りました。

■パブロ・キンタニラ選手(ステージ2位/総合2位)

パブロ・キンタニラ選手
パブロ・キンタニラ選手

 タフで複雑な1日でした。昨夜の雨でトラックの一部が洗い流され、ルートがほとんど見えませんでした。ステージを通してプッシュを試みましたが、268km地点の隠れたウエイポイントは見つけるのがとても難しかったです。落ち着いて、ナビゲーションがうまくいったので結果としてはいい1日となりました。見通しの悪い、岩の多いルートで方向転換も多く、体力を消耗しましたが、いいペースを維持することができ、すばらしい日だったと思います。

■ホセ・イグナシオ・コルネホ選手(ステージ29位/総合26位)

ホセ・イグナシオ・コルネホ選手
ホセ・イグナシオ・コルネホ選手

 とてもタフなステージでした。序盤は安全をとってあまり速くは走りませんでしたが、それほど調子が悪いわけではありませんでした。とはいえ、燃料補給後は少しプッシュしてペースを取り戻し、ずっと調子がよくなりました。ゴール近くにわかりにくいポイントがありました。ロードブックに従いながらも自信が持てませんでしたが、結果として判断は正しかったので、ルートをたどってウエイポイントを見つけることができました。間違いがあったかどうかはわかりませんが、まだ先は長いので前進あるのみです。

■ジョアン・バレダ選手(ステージ23位/総合17位)

ジョアン・バレダ選手
ジョアン・バレダ選手

 難しいステージで、タフな一日でした。特に最後の50kmではウエイポイントの指示がありましたが、見えませんでした。手がかりがほとんどなく、見つけるのはほぼ不可能な状態だったので、ぐるぐると回って同じ地点を何度か通過してしまったので燃料切れが心配でした。他のライダーたちを手がかりにしてようやく見つけることができました。ですが、今日はまだ初日。ダカールはまだ始まったばかりです。これからが楽しみです。

※※※

 ステージ2は、スペシャルステージ(SS)338kmは、1/4を砂丘が占める総走行距離は568kmのルートです。

【画像】ダカール・ラリー2022ステージ1Bの画像を見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事