苦戦しているライダーも多いはず!? センタースタンドをかけるコツとは

タイヤを地面から浮かせ、車体をまっすぐ立てることができるセンタースタンドは、メンテナンス時にも役立つ非常に便利な装備です。しかし、この原理を利用するため、慣れないうちは難しく感じるかもしれません。センタースタンドを楽にかけるコツはあるのでしょうか。

重要なのはセンタースタンドで車体を持ち上げること

 タイヤを地面から浮かせ、車体をまっすぐ立てることができるセンタースタンドは、メンテナンス時にも役立つ非常に便利な装備です。しかし、この原理を利用してバイクの車体を持ち上げるため、慣れないうちは苦戦する人も多いでしょう。そこで、センタースタンドをかけるコツをご紹介します。

車体をまっすぐ立てることができるセンタースタンドは、メンテナンス時にも役立つ非常に便利な装備です
車体をまっすぐ立てることができるセンタースタンドは、メンテナンス時にも役立つ非常に便利な装備です

 前述したとおり、センタースタンドをかける際は「この原理」を利用するため、ライダーの体格や腕力によって難易度が変わることはありません。

 まず、バイクを少しバックさせるような動きでセンタースタンドの上に載せましょう。その際に、右足でスタンドのペダルを斜め後ろに向かって踏み込むと、バイクの車体が持ち上がりセンタースタンドが立ち上がります。

 また、センタースタンドをかける際は、場所を意識するのもポイントです。絶対条件となるのは、平らな場所。次に固い地面が挙げられます。傾斜のかかった場所や砂利道、林道など、スタンドの接地面が不安定になる場所では難易度が上がり、バイクが倒れやすくなるので注意してください。

 スタンドを地面に付ける際は、片方しか接地していないと転倒する危険性が上がるため、左右のスタンドの足が地面にキッチリと接地しているか確認してください。

ハンドルは真っすぐにしてセンタースタンドをかけましょう
ハンドルは真っすぐにしてセンタースタンドをかけましょう

 ハンドルは真っすぐにして、左手で軽く持つだけにとどめます。この時の左手は、ハンドルが左右に振れないようにするための支えと考えましょう。そして右手は、グリップやシート下のフレームを握ります。この時に、バイクシートのタンデムベルトなどを持たないようにするのもポイントです。

 ライダーの体格によっては、センタースタンドをかける際、ちょうど良い位置にタンデムベルトがあり、フレームやグリップよりも握りやすく感じる場合もあるでしょう。そのため、タンデムベルトを持ちながらセンタースタンドをかけるライダーを度々見かけます。しかし、ベルトがちぎれる危険性があるため、握りにくくてもフレームやグリップを持つ用に注意してください。

 ここまで準備ができたら、右足をセンタースタンドのペダルに乗せて、そこからスタンドを立てましょう。この時に、右足の力は真下ではなく、斜め後ろに向かっていくイメージで力をかけるようにしてください。そうすることで、スタンドが立つと同時にバイクの車体が持ち上がるため、バイクをスタンドの上に乗せるような感覚でペダルを踏み込めます。

右足をセンタースタンドのペダルに乗せて、そこからスタンドを立てましょう
右足をセンタースタンドのペダルに乗せて、そこからスタンドを立てましょう

 小柄なライダーがセンタースタンドをかける際は左足が宙に浮いて、センタースタンドのペダルに乗ってしまう場合があります。そうなると、スタンドを真下に押すことになってしまうので、左足が軸として機能しません。そのため、左足が地面から離れないように力をかけるのがポイントです。

大型バイクのセンタースタンドをかけるコツとは

 センタースタンドをかける作業は、バイクの排気量によっても難易度が変わります。50ccや125ccクラス、250ccクラスまでは腕の力だけでも、センタースタンドをかけることは可能。しかし、400ccクラス以上の大型二輪の場合は、センタースタンドに正しい方向で力をかけ、この原理を利用しないとスタンドをかけることに苦戦するライダーが増える傾向にあります。

 センタースタンドをかけるのが苦手なライダーは小排気量モデルで、この原理を使ったかけ方を練習すると良いでしょう。

センタースタンドをかけるのが苦手なライダーは小排気量モデルで練習しましょう
センタースタンドをかけるのが苦手なライダーは小排気量モデルで練習しましょう

 また、センタースタンドを外す際に注意するべき点としては、「立ちゴケ」が挙げられます。スタンドが外れた瞬間、バランスを崩してバイクと一緒に倒れてしまうことは、初心者ライダーあるあるといえるかもしれません。

 そこでセンタースタンドの外し方として、まずはバイクを一度後ろに引っ張り、反動をつけて押し出します。すると、バイクが勢いで前に動き、センタースタンドが外れるため、スタンドが外れたらフロントブレーキで勢いを止めましょう。

 小排気量の小型バイクの場合は反動をつけなくても、ハンドルを前に押すだけでスタンドが外れる場合がほとんどです。その車体の勢いを止める際は、フロントブレーキを上手く活用するようにしてください。

 一方で大型モデルは、バイクの反動を利用しないとスタンドが下ろせない場合が多いため、センタースタンドが外れた時のバランスの維持にも注意が必要。そこで、センタースタンドを外す方法として、バイクに跨った状態で外す方法を活用するのも良いでしょう。

大型モデルは、バイクの反動を利用しないとスタンドが下ろせない場合が多いため、センタースタンドが外れた時のバランスの維持にも注意が必要です
大型モデルは、バイクの反動を利用しないとスタンドが下ろせない場合が多いため、センタースタンドが外れた時のバランスの維持にも注意が必要です

 まずバイクに跨りハンドルを真っすぐにして、前輪が少し地面から浮くくらいに体重を後輪側に持っていきます。そして、そのまま前に進むように体重を前方に移し、反動と勢いでスタンドを外す方法です。注意点としては、足つき性の悪いバイクでこの方法を利用すると立ちゴケをする可能性が高くなるという点です。

 センタースタンドは力の入れ方にコツがあり、車体を真っすぐに立てることができたとしても、状態の良い場所でないとかけにくいという特徴を持っています。しかし、バイク自体がセンタースタンドによって支えられているため、バイクのメンテナンスには非常に重宝する装備であることは明確。特に、定期的に必要なドライブチェーンの注油や、張り具合の確認が簡単にできるメリットを持っています。

センタースタンドは、バイクのメンテナンスには非常に重宝する装備です
センタースタンドは、バイクのメンテナンスには非常に重宝する装備です

 また、タイヤのチェック、パンク修理などもセンタースタンドがあるだけで、効率的に対応可能。オイル交換を自分でおこなう場合も、センタースタンドのほうが作業しやすいでしょう。加えて、寒い時期にバイクを乗らないライダーにとっては、長期保管をしている間、タイヤに負荷がかからない点も大きなメリットといえます。

※ ※ ※

 センタースタンドは、この原理を使ってバイクを直立させるスタンドです。しかし、力の使い方をある程度練習しないと、簡単にかけることができません。まずは手順を踏んで、力のかけ方に慣れていきましょう。

【画像】センタースタンドの掛け方を画像で見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事