ライダーの負担軽減に貢献するクイックシフターは公道で役に立つのか?

クイックシフターを取り付ければ、クラッチ操作を行わなくても、シフトアップすることが可能になります。公道での使用時、どういった場合に役立つのでしょうか。

クイックシフターはいつ役立つのか

 そもそもクイックシフターとは、クラッチレバーを握らなくても、シフトアップやダウンができるようになる装備で、「オートシフター」とも呼ばれます。クイックシフターを取り付けると、シフトアップした際にシフトロッドに装着したセンサーが反応し、エンジンの点火を一瞬だけカットしてくれます。

ヤマハ「YZF-R7」には、スムーズ&クイックなシフトアップ操作を支援するクイックシフターがオプション設定されています
ヤマハ「YZF-R7」には、スムーズ&クイックなシフトアップ操作を支援するクイックシフターがオプション設定されています

 すると、エンジンの動力が一瞬だけ伝わらなくなるため、クラッチを切ったときと同じ動きになり、シフトアップが行えるという仕組みです。シフトアップの足の操作そのものは手動なので、マニュアルの楽しさを残しつつ、快適にライディングができるようになる、非常に便利なツールとなっています。

 もともとクイックシフターは、サーキットでのタイムロスを減らす目的で登場しました。通常のシフトアップは「アクセルを戻す」→「シフトアップ」→「アクセルを開ける」という流れで行いますが、オートシフターがあれば「アクセルを戻す→開ける」という操作が不要になるため、アクセル全開のまま失速することなく走り続けられます。

公道で走行する際も大きなメリットがあるクイックシフター
公道で走行する際も大きなメリットがあるクイックシフター

 サーキット走行で本領を発揮するクイックシフターですが、公道ライダーでもライディングでの疲労軽減という大きなメリットがあります。中でも、坂の多い地域での走行やロングツーリングなどでは、シフトチェンジの機会が非常に増えるため、長時間走行していると、どんどん疲れが溜まってしまいます。

 クラッチ操作が減るだけで負担がかなり減らせるほか、クラッチ操作が減ることで余裕ができるため、安全運転にもつながるといえます。クラッチ操作が苦手な人や、面倒に感じている人にとっては嬉しいツールといえるかもしれません。加えて、サウンドもレースチックになるので、より楽しくツーリングを楽しむことができます。

サーキット走行も想定し作られたヤマハ「YZF-R7」には、クイックシフターがオプション設定されています
サーキット走行も想定し作られたヤマハ「YZF-R7」には、クイックシフターがオプション設定されています

 また、近年のサーキット走行を想定して作られたものには標準装備、またはオプション装備となっている車種が一部存在します。さらに、クイックシフターはシフトアップのみ適用されるものがほとんどですが、サーキット用バイクの中には、シフトダウンの際もクラッチ操作が不要になっているものも存在します。

 このように、サーキット走行でのタイム短縮にも役立ちますが、ミッションが痛みにくくなるというメリットもあります。

クイックシフターがあればクラッチ操作を行う必要がないため、ミッションを痛める可能性は低くなります
クイックシフターがあればクラッチ操作を行う必要がないため、ミッションを痛める可能性は低くなります

 手動でクラッチ操作をする際、タイミングが合わないとミッションを痛めてしまいますが、クイックシフターがあればクラッチ操作を行う必要がないため、シフトアップでミッションを痛める可能性は非常に低くなります。

 しかし、クラッチ操作を完全に省略できるわけではない、というデメリットも存在します。基本的にはシフトアップ時のみ、点火をカットしてくれるものがほとんどなので、シフトダウンや停止、発進の際はクラッチ操作が必要になります。

 バイク購入後にクイックシフターを取り付けたことでクラッチ操作を忘れがちになり、エンストやミッションを痛めてしまう危険性が増えるかもしれません。クイックシフターがあっても万能とはいえないため、注意が必要です。

 また、クイックシフターの取り付けは少し難しい部分もあるため、業者や販売店に依頼して取り付けてもらうのが無難といえます。

ホンダ「VFR800F」には、シフトペダル操作のみでシフトアップが可能なクイックシフターを純正オプション(別売)として設定
ホンダ「VFR800F」には、シフトペダル操作のみでシフトアップが可能なクイックシフターを純正オプション(別売)として設定

 しかし、ホンダ「VFR800F」などは純正品があり、2万円前後で販売されているほか、社外品も多くのメーカーから販売されています。取り付けの相場は2~3万円程度ですが、もともとクイックシフターを取り付けるように想定されている車種では、安く抑えられることがあります。対応する車種も多いため、取り付けを検討している人はチェックしてみるのも良いかもしれません。

 クイックシフターを取り付けた後は、パソコンやタブレット端末などで、点火をカットする時間を自分でセッティングすることができます。セッティングは各ギアごとにできるため、走ってみてベストなセッティングを探してみると良いといえます。

 短くすればするほどタイムロスを減らすことができますが、あまりに短いとミッションを痛めてしまう危険性がある点には、注意が必要です。

※ ※ ※

 クイックシフターは、サーキットでのタイムロスを減らすために開発されたものですが、公道でも疲労軽減につながるほか、ツーリングが快適になるなど大きなメリットがあります。

 シフト操作を完全になくせるわけではありませんが、マニュアルの楽しさを残しつつ、快適になるという意味では嬉しいポイントともいえます。取り付けられる車種は限られていますが後付けも可能なので、一度検討してみるのも良いかもしれません。

【画像】負担軽減に効果的なクイックシフターの画像を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事