ヤマハの電アシ「PAS CITY-C/CITY-X」2022年モデル発売 快適さはそのままに新色を採用

ヤマハ発動機株式会社は、街乗りや通勤に人気の20型電動アシスト自転車「PAS CITY-C(パス シティ シー)」「PAS CITY-X(パス シティ エックス)」の2022年モデルを発売します。新型モデルでは新しいカラーリングが採用されています。

街乗りや通勤にも最適なPAS CITY-C/CITY-X

 ヤマハ発動機株式会社は、軽量コンパクトかつスタイリッシュな車体で街乗りや通勤に人気の電動アシスト自転車「PAS CITY-C(パス シティ シー)」「PAS CITY-X(パス シティ エックス)」のカラーリングを変更し、2月14日に発売します。

ヤマハ「PAS CITY-C」(左)と「PAS CITY-X」(右)
ヤマハ「PAS CITY-C」(左)と「PAS CITY-X」(右)

 PAS CITY-C、ならびにPAS CITY-Xは、登坂時などの高回転ペダリング時でものびやかで快適な乗り心地(アシストフィーリング)と坂道などの状況に合わせて自動でアシスト力を制御する「スマートパワーアシスト」を搭載した20型の電動アシストモデルです。

ヤマハ「PAS CITY-C」
ヤマハ「PAS CITY-C」

 カジュアルなデザインと街中などでも乗りやすいPAS CITY-Cでは、乗り降りしやすくカジュアルな印象を与える低床U字型フレーム、オシャレなデザインと機能性を両立させたデルタハンドル・大型テリーサドル・砲弾型バッテリーランプなどを搭載。
 
 2022年モデルでは、カジュアルでありながら落ち着いた印象の「マットインディゴ」、シンプルでモダンな印象の「ホワイトオレ」、ナチュラルな印象でファッションにも合わせやすい「マットオリーブ」の新色と、継続色のパウダーブルーの計4色が用意されています。

ヤマハ「PAS CITY-X」
ヤマハ「PAS CITY-X」

 また、クールでスタイリッシュな印象を与えるワイヤー内蔵の直線的なX字型フレーム(Xフレーム)を備えたPAS CITY-Xでは、スポーティな走りを実現するセミスリックタイヤ・セミストレートハンドル・スポーティサドル、優れた制動力を発揮するVブレーキを搭載(前輪)。

 2022年モデルでは、上質かつスタイリッシュな印象の「マットアンバー2」、カジュアルかつ知的で落ち着いた印象の「マットネイビー」の新色と、継続色のミラーシルバーの計3色が用意されています。

 一回の充電あたり最大83km走行可能なPAS CITY-Cの価格(消費税10%込)は13万2000円、最大90km走行可能なPAS CITY-Xは13万4200円となっています。

【画像】ヤマハの電アシ「PAS CITY-C/CITY-X」の画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事