【自転車の種類】スポーティに長距離・長時間を走る「ロードバイク」の特徴とは

自転車には様々な種類があり、何をどのように選べば良いのか迷うこともあるでしょう。ここでは高い速度で長距離・長時間を走ることに特化した「ロードバイク」について紹介します。

爽快な走りが楽しめる、ハイスペックな自転車

 自転車には様々な種類があり、何をどのように選べば良いのか迷うこともあるでしょう。ここでは高い速度で長距離・長時間を走ることに特化した「ロードバイク」について紹介します。

「ロードバイク」のイメージ
「ロードバイク」のイメージ

「ロードバイク」は、舗装された道を高い速度で走ることを目的にした自転車です。下にくるんと曲がった特徴的な形状のドロップハンドルが使用されており、昨今の自転車ブームもあって、街中でもよく見かける自転車になっています。

 もともとタイムを競うレースや長距離走行のための自転車なので、車体が驚くほど軽く設計されており、「ママチャリ」と呼ばれる一般的な自転車の重さが約16kgから19kgに対して、「ロードバイク」の多くは10kg以下、中には5kgを下回る車体もあります。

 また空気抵抗や、摩擦抵抗となる路面との接地面を極力減らすため、かなり細いタイヤが使われているのも特徴です。滑らかな舗装路面だとまるで氷の上を滑走するような、爽快な走りを楽しむことができます。「ロードバイク」の軽快な走行とスピード感は、他の自転車では味わえない独特なものです。ロングライドやヒルクライムなど、サイクリングをスポーツとして楽しむ人に最適なジャンルだと言えます。

「ロードバイク」のイメージ
「ロードバイク」のイメージ

 ただ、裏を返すと路面の段差や信号が多い市街地で乗るには、ちょっとオーバースペックです。クルマで例えるなら、「ママチャリ」が一般大衆車、乗用車だとしたら、「ロードバイク」はF-1などのスポーツカーと言えるでしょう。車体価格もお高いものが多く、こまめなメンテナンスも必要になるので、日常で乗りっぱなし、使いっぱなしの道具とは意味が異なります。

 とはいえ、「ロードバイク」は自転車の爽快感を存分に味わえる最適なスタイルです。気持ちの良い風を感じながらどこまでも走り続けたい、そんなシーンでの使用を考えるなら、間違いのない自転車選びと言えるでしょう。

【画像】スポーティな自転車「ロードバイク」を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事