電動キックスクーターをワイヤレスで充電 利便性向上とCO2排出削減を両⽴

ワイヤレス給電の専業メーカーである株式会社ビー・アンド・プラスは、株式会社ハイパーウェブ、セグウェイジャパン株式会社の協力のもと、パーソナルモビリティの新たな充電手法として、電動キックボードと電動自転車の2つの車両を共用で充電できるハイブリット充電スタンドの販売を開始しました。どのような特徴を備えているのでしょうか。

シェアリングサービスの可能性を広げる最新テクノロジー

 ワイヤレス給電の専業メーカーである株式会社ビー・アンド・プラスは、株式会社ハイパーウェブ、セグウェイジャパン株式会社の協力のもと、パーソナルモビリティの新たな充電手法として、電動キックボードと電動自転車の2つの車両を共用で充電できるハイブリットワイヤレス充電スタンドの販売を開始しました。

株式会社ビー・アンド・プラスが株式会社ハイパーウェブ、セグウェイジャパン株式会社の協力のもと開発したワイヤレス充電スタンド
株式会社ビー・アンド・プラスが株式会社ハイパーウェブ、セグウェイジャパン株式会社の協力のもと開発したワイヤレス充電スタンド

 今回の取り組みの主体のひとつである株式会社ビー・アンド・プラスは、磁誘導、電界結合、マイクロ波など様々なワイヤレス給電の研究開発、量産製造を行うパイオニア企業です。

「モノづくり支援カンパニー」である株式会社ハイパーウェブ、電動キックスクーターなどの次世代モビリティを手掛けるセグウェイジャパン株式会社とともに発表した充電スタンドは、ビー・アンド・プラスのワイヤレス充電システムが塔載されたSegway/Max PLUS(電動キックスクーター)や電動自転車を駐輪するだけで自動充電される次世代のワイヤレス・システムで、ユーザーの充電忘れ防止や事業者のコスト削減を実現し、環境面でも貢献が期待されます。

ワイヤレス充電スタンドの運用イメージ
ワイヤレス充電スタンドの運用イメージ

 また、同ハイブリット充電スタンドでは通常の30Wワイヤレス充電システムの他、約2.6倍の充電能力をもった80Wワイヤレス充電システムを開発することで、Segway/Max PLUSなどのバッテリー容量の大きいモビリティに対しても高速で充電する事が可能といいます。

 シェアリングやレンタルサービスにおいて重要になるバッテリーの残量管理。交換作業を無くすことにより作業の手間を省くことができるハイブリットワイヤレス充電スタンドがどのような広がりを見せるのか注目したいところです。

【画像】次世代のワイヤレス充電システムを画像で見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事