MotoGP第12戦フィンランドGP 作業の遅れで中止 全21戦から20戦に変更

2022年シーズンにおけるロードレース世界選手権(MotoGP)の第12戦フィンランドGP(7月8~10日開催)が中止となり、2023年に延期されることになりました。

2023年の開催を目指す

 国際モーターサイクリズム連盟(FIM)とロードレース世界選手権(MotoGP)の商標権を所持するドルナスポーツは、2022年5月25日に2022年シーズンにおけるロードレース世界選手権(MotoGP)のカレンダー変更を発表しました。

 フィンランドで建設中のサーキット「KymiRing(キュミリング)」(2019)
フィンランドで建設中のサーキット「KymiRing(キュミリング)」(2019)

 今回の発表により中止となったのは7月8~10日にかけて開催予定だった第12戦フィンランドGPで、開催場所となるサーキット「KymiRing(キュミリング)」は、2020年にMotoGPを開催するためにフィンランド政府主導で建設が進められてきましたが、同年は新型コロナウイルスの影響でレースが中止に。

 2022年も開催するために必要な認証を得るために準備してきましたが、作業の遅れなどにより中止となり、2023年開催に延期されることが決定しました。

 フィンランドで建設中のサーキット「KymiRing(キュミリング)」(2021)
フィンランドで建設中のサーキット「KymiRing(キュミリング)」(2021)

 今回の発表により、MotoGPの2022年シーズンは全21戦から20戦に変更されています。

第1戦 カタール/ロサイル・インターナショナル・サーキット/3月6日
第2戦 インドネシア/マンダリカ・インターナショナル・ストリート・サーキット/3月20日
第3戦 アルゼンチン/アウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンド/4月3日
第4戦 アメリカズ/サーキット・オブ・ジ・アメリカズ/4月10日
第5戦 ポルトガル/アルガルベ・インターナショナル・サーキット/4月24日
第6戦 スペイン/ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエト/5月1日
第7戦 フランス/ル・マン-ブガッティ・サーキット/5月15日
第8戦 イタリア/ムジェロ・サーキット/5月29日
第9戦 カタルーニャ/カタロニア・サーキット/6月5日
第10戦 ドイツ/ザクセンリンク/6月19日
第11戦 オランダ/TT・サーキット・アッセン/6月26日
第12戦 イギリス/シルバーストン・サーキット/8月7日
第13戦 オーストリア/レッドブル・リンク/8月21日
第14戦 サンマリノ/ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ/9月4日
第15戦 アラゴン/モーターランド・アラゴン/9月18日
第16戦 日本/ツインリンクもてぎ/9月25日
第17戦 タイ/チャン・インターナショナル・サーキット/10月2日
第18戦 オーストラリア/フィリップ・アイランド・サーキット/10月16日
第19戦 マレーシア/セパン・インターナショナル・サーキット/10月23日
第20戦 バレンシア/リカルド・トルモ・サーキット/11月6日

【画像】フィンランドのサーキット「KymiRing(キュミリング)」作業工程の様子を画像で見る(20枚)

画像ギャラリー

最新記事