陰謀渦巻くラッパー殺害事件を追い続けた刑事をジョニー・デップが熱演!『L.A.コールドケース』

ヒップホップ史において最大の悲劇ともいえる、2人の伝説的ラッパーが殺害された謎の事件を追い続けた刑事をジョニー・デップが熱演する『L.A.コールドケース』が、2022年8月5日(金)より全国ロードショーされます。

真相はいまだ闇の中……

『L.A.コールドケース』は、90年代に2人の伝説的ラッパーが殺害されるという謎の事件を追い続けた刑事の執念を描くクライム・サスペンス。あのジョニー・デップが実在の刑事に扮し、フォレスト・ウィテカー演じるジャーナリストと共に未解決事件の真相に迫ります。

『L.A.コールドケース』(c) 2018 Good Films Enterprises, LLC.
『L.A.コールドケース』(c) 2018 Good Films Enterprises, LLC.

 物語のベースとなっているのは、1997年に何者かによって殺害されたヒップホップ・アーティストで、NYを拠点とするノトーリアス・B.I.G(通称ビギー)ことクリストファー・ウォレスに関する捜査。当時は敵対関係が噂されていたLAの大物ラッパー、2Pacが数ヶ月前に殺害されていたことから「東西のヒップホップ抗争による報復行為ではないか?」と考えられていましたが、本作が描くのは“事件解決に至らなかった驚くべき理由”です。

 デップが演じるラッセル刑事は何百もの事件を解決に導いた優秀な刑事でしたが、ビギー殺害事件を追う過程で警察に蔓延する腐敗を知ったことで組織を見限り、探偵として独自に事件を追い続けました。それはもはや“犯人探し”ではなく、容疑者の見当がついていながら動かない“警察組織との戦い”だったと言っても過言ではないでしょう。

『L.A.コールドケース』(c) 2018 Good Films Enterprises, LLC.
『L.A.コールドケース』(c) 2018 Good Films Enterprises, LLC.

 ビギーと2Pacの事件はドキュメンタリーや実録映画・ドラマなど多くの関連作品が製作されましたが、どれも行き着く先はLA警察ランパート署の汚職体質。強大な“悪”に対抗するには、本作のように真実を求める人々の想いが込められた矢を放ち続けるしかないのかもしれません。

 さて、ジョニー・デップといえば、ジョン・ウォーターズ監督による初主演作『クライ・ベイビー』(1990年)のリーゼント&革ジャン姿で真紅のハーレーダビッドソンKモデルに乗っていたことが真っ先に思い出されます。また『ラム・ダイアリー』(2011年)ではハーレー・ダビッドソンのWLAにも乗っていて、やはりクラシックなバイクがよく似合います。

『L.A.コールドケース』(c) 2018 Good Films Enterprises, LLC.
『L.A.コールドケース』(c) 2018 Good Films Enterprises, LLC.

 サスペンス好き、実録もの好き、そして音楽好きも必見の『L.A.コールドケース』は、2022年8月5日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン池袋ほかで全国ロードショーです。

『L.A.コールドケース』予告編

【画像】『L.A.コールドケース』の画像を見る(12枚)

画像ギャラリー

最新記事