Horex「Regina Evo」 創立100年を迎えるドイツのバイクブランドから最新モデル登場

ドイツのバイクブランド「Horex」は、新型モデル「Regina Evo」を発表しました。どのような特徴を備えているのでしょうか。

往年のベストセラーモデルを現代的な技術で再現

 ドイツのバイクブランド「Horex」は、新型モデル「Regina Evo」を発表しました。

Horex「Regina Evo」
Horex「Regina Evo」

 Regina Evoを発表したHorexは、1923年に設立され、2023年で100周年を迎えるドイツのバイクブランドです。

 新たに登場したRegina Evoは、1950年に登場し、1952年には2万台以上のセールスを記録(総生産台数は約8万3000台)したベストセラーモデル「Regina」をオマージュしたモデルで、最高出力48ps/7500rpm、最大トルク54Nm/6500rpmを発揮する排気量600ccの単気筒エンジンを搭載。

 シングルシートのレトロな外観でありながら、フレームやスイングアームにはカーボンファイバー強化ポリマー(CFRP)を採用することで、乾燥重量133kgと軽量な仕上がりとされています。

 またRegina Evoではフロントにφ43mmテレスコピックフォーク、リアにカンチレバーモノショックを採用。

 前後18インチのスポークホイールに、ベルリンガー製ブレーキキャリパーとABSが搭載されています。

 なお、Regina Evoの発売時期や価格等は未定となっています。

【画像】Horexの新型ネイキッド「Regina Evo」を画像で見る(14枚)

画像ギャラリー

最新記事