初の屋内トライアル「e-Trail Park」ってどんなコース!? クリスさんのバイク遊び

Aloha Happy Friday! The next station is...SUNNY RIDE!毎週金曜日は、まったりゆったりクリスワールドでバイクな午後をお楽しみください!

基本かキッチリ教えてもらえる「e-Trail Park」は初心者でも安心

 海老名にあるe-Trail ParkでSURRONに跨り、いよいよ初トライアルに挑戦!

 慣れている人なら、施設に来てすぐにコースを走行できますが、一緒に来たプロレスラーのおすしさんも私も全くの初心者なので、初心者向けのレッスンコースで、先生に教えてもらいながらの走行を申し込みました。お店に着くと、まずは登録用紙に記入して注意事項のビデオを見て、防具付けてストレッチ。それからようやく、マシンに跨りレッスンがスタートします。

初トライアルに挑戦するクリスさん
初トライアルに挑戦するクリスさん

 レッスンは、座った状態で右回りや左回りを、8km/hをなるべくキープしたまま足を地面に付かずに走行することからスタートそます。慣れてきたら八の字にチャレンジ。これもまた足を付かずに頑張って、できるようになったら、レベルアップ。次はバイクの上で立ってみて、そのまま右回りや左回り、八の字と順番に練習していきます。

 最初は足を付きながらじゃないとコーナリングができなかったおすしさんでしたが、やっぱりアスリートは体で覚えるのが早い!どんどん吸収していきます。

 私は、なんとかかんとか立って曲がろうとすんねんけど、手が突っ張るわ、足も突っ張るわと大苦戦。

 中島さん:ふたりとも、一回バイクから降りてちょっとリラックスしましょう。

コースに入る前に基礎の指導を受けるおすしさん
コースに入る前に基礎の指導を受けるおすしさん

 せや。力が入ったままやと筋肉痛になるし、肘も膝もサスペンションの役割をさせな!中島先生の言葉で思い出した。曲がるだけでも大変やのに8km/hをキープしようと思うと、余計にワチャワチャしてしまう。

 中島さん:いい感じに乗れるようになってきているので、おすしさんはまず、曲がりたい方向の近くではなく遠くを見てくださいね!クリスさんはもっとリラックスして、膝をブラブラするくらい。ちなみにスキーみたいに、右に曲がりたい時は少し右のステップを踏み込む、左にいきたい時は左のステップに力を入れるとスーッと曲がりますよ!

 クリスさん:なるほど!自転車を漕ぐ時みたいなイメージですね?

 中島さん:そうです!まだ今はゆっくりだから分かりにくいかもしれませんが、実際にコース入って細かい動きをする時に、重要になってきます。あとはロードバイクだと、曲がる方向に身体全体を寝かせますが、オフロードやトライアルは例えば左に曲がる時は、左足でステップを踏み込んでバイクは左側に倒しますが、立っている自分は右に体重を乗せるようにします。説明が難しいのですが、バイクは左に傾いているけど体は垂直という感じです。

 おすしさん:自転車をめっちゃ急いで立ち漕ぎする時みたいな感じですか?

初トライアルに挑戦するおすしさん
初トライアルに挑戦するおすしさん

 中島さん:イメージは合っています。あと、もうひとつ大切なのは、上りと下り。コースのなかで丘を3つ連続で越えるのですが、この時に大切なのが手首、腕、肘、肩、そして膝の力がカチカチにならないように、リラックス状態を作ることを心がけてください!丘(坂)を上がる時はコーナリングと同じで反対に体重を乗せるので、バイクが前上がりで後ろが下がっている状態で、真ん中よりちょっと前。スキーのジャンプみたいなイメージです。では、質問です!逆に下るときは?バイクは前に下がっているので、体はどうするでしょう?

 おすしさん:反対で垂直にするから、ちょっと後ろに体重を乗せるんですよね?

 中島さん:そうです!意識をしすぎると、行き過ぎちゃうので、イメージだけしてください。それでは、あと少しだけ右回り、左回りをして、八の字を段々小回りできるように頑張りましょう!それができたらコースですよー!

 右に回る時は右に踏み込んで体は左。左に回る時は、左に踏み込んで体は右。繰り返し練習することで、ギクシャクしていたラインも先生と同じまではいかないけど、いい感じにワタワタせんと方向転換できるようになってきた。

 できるようになってきた時に気が緩みやすいから、気を引き締めながら何度も何度もやってみた。おすしさんも順調に乗れていて、楽しそう!一緒に行こうと、声をかけてみてよかった。

 ひとりでも楽しいインドアトライアル体験やけど、仲間とみんなで行けたらもっと楽しめる。

e-Trail Parkのコース
e-Trail Parkのコース

 中島さん:おすしさん!クリスさん!いい感じに慣れてきましたね。合格です。では、コース行きますよ。すごく頑張ったと思うので、水分補給してくださいねー。

 うんうん。頑張った!まだコースインしてないけど。

 中島さん:E-Trail Parkでは、走行コースを3つに分けています。初心者コース、中級コース、そして上級コース。段々難しくなるのですが、今やった基礎でしっかりと乗れるようになるので安心してください!

 クリスさん:私みたいな全く初心者が事前レッスンを受けた状態で、1日でどこまで走れるようになるものですか?

 中島さん:お一人おひとり違うのでなんとも言えないですが、40分のレッスンで早く立ったまま八の字がクリアできたら、その分コースの時間も増えます。20分で八の字をクリアしたとしても、残り20分。中級まで行く人が多いです。もちろん疲れ具合にもよりますが、40分を過ぎてもコースが混雑してなければ、その場で追加走行してもらえます。

 クリスさん:なんとか上級に行けたらいいなぁ。

 おすしさん:ほんまやね。俺は、いける気がする。

e-Trail Parkのコースを走るクリスさん
e-Trail Parkのコースを走るクリスさん

 中島さん:では、始めますか!コース上の板や凸凹も、今練習した基礎をきっちりやれば問題ないので、焦らず前に進みましょう。リズムをキープしながら8km/hをキープ!危ないと思ったら、左腕に巻いた安全装置のロープで合図。スロットルを開け過ぎたら、バイクから離れてくださいね。安全装置が外れたらエンジン止まるようになっているので。ではまずは見本から。見ていてください。

 中島先生の通るラインは、無駄のない綺麗な道。右左とリズムよく最初のセクションを越えて、右に大きく回って太鼓橋のような丘を3連チャン。

 ブオン、ブオン、ブオン。体がバイクの上で前後に動く。そして膝が煤ペンションの役割を果たして、とっても柔らかく動いて綺麗。

 でも自分でチャレンジしてみると、もう進入の部分から難しい。イメージ通りの体の動きがうまいこと、一個もいかん。右、左、右、左、ほんで右コーナー。左外から曲がり切った時に、太鼓橋のセンターに止まりたいのに、めっちゃ内側にきてしまったり。

 えー!もっと簡単にいけると思ってた。でも必ず上級者コースまでチャレンジするんだ。黙々とやってみよう。

ChristelleCiari🌈🎙🚃

【画像】e-Trail Park海老名店でトライアルを楽しむクリスさんを画像で見る(8枚)

画像ギャラリー

Writer: クリステル・チアリ

父はギタリストのクロード・チアリ。19歳でKiss Fmのサウンドクルーとしてデビュー。その後バラエティーやMC、ナレーションなど幅広く活躍。
NHK教育テレビ『英語であそぼ』4代目おねぇさんに抜擢され生まれ育った関西から東京へ進出。『英語であそぼ』がきっかけで、全国の鉄道の英語車内アナウンスを担当することに。
声優、歌手、スポーツMC、幼児教育の先生やセラピストとしても近年全国を飛び回る。
元気印が取り柄のクリスさん、配信アプリ17ライブで毎晩22:30〜0:30みなさまからのリクエストを生でこたえてくれます!

最新記事