ヤマハ「XSR900」は自然にフィットするポジションと個性的なデザインが魅力! レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション

レーシングライダーの石塚健選手が、ヤマハ「XSR900」に試乗。そのインプレッションです。

バイクとの一体感を感じられる1台

 皆さんこんにちは、レーシングライダーの石塚健です!

 今回は、2016年に日本での販売が開始されたヤマハのスポーツヘリテージモデル「XSR900」が、昨年フルモデルチェンジをしたとのことで試乗してきました。

ヤマハ「XSR900」と石塚健選手
ヤマハ「XSR900」と石塚健選手

 開発のコンセプトは 「The Expert of Equestrian(伝統馬術のエキスパート)」。XSRのベースモデルであり、2021年にモデルチェンジが施された「MT-09」に合わせて、全体的に手が加えられたモデルチェンジとなっています。

 MT-09との一番の違いは「見た目」。より長くなったタンクや高くなったシート高により、車体が前後に伸びたようなスタイリングになったことで、レトロなテイストが、さらに強くなったように思います。

 シート高は810㎜。身長165㎝の僕が跨ると若干かかとが浮いていますが、バイクを支える分には問題ありません。シートは人それぞれ好みが異なるかと思いますが、個人的には少し硬めに感じたのと、地面に向かって足を出す時にシートの角が当たることが、少し気になってしまいました。

ヤマハ「XSR900」の足付き(身長165cm)
ヤマハ「XSR900」の足付き(身長165cm)

 それでは実際に走行していきます。

 ポジションは自然な前傾度で、ホールド性は抜群。いわゆる普通の「ネイキッド」というような、誰もが正しい位置に自然にフィットするポジションに、シートやハンドル、ステップが配置されていると感じます。そのおかげで、ライディングの基本となる「腕に力を入れない」だったり、「ニイグリップ」をするとか、そんな基本に忠実な操作がナチュラルにできてしまうので、かなりの安心感を感じることができました。

 また着座位置が後ろ目に設定されているので、リアタイヤやサスペンションの動きをお尻で感じることができ、速度が出ていなくともバイクとの一体感が高いです。

ヤマハ「XSR900」との一体感を感じながら快適な走行を楽しむ石塚健選手
ヤマハ「XSR900」との一体感を感じながら快適な走行を楽しむ石塚健選手

 若干動き過ぎると思えるサスペンションの沈み具合も心地よく、車体を寝かせてコーナリングしていく感覚はとても快感でした。

 そして、スムーズなアクセルレスポンスで非常に扱いやすい上に、エンジンはパンチの効いたダッシュ力を兼ね備えています。とはいっても、ギクシャクするほどのパワフルさがあるわけではないので、アクセルをどんどん捻りたくなる衝動に駆られてしまいます。

 そんな、一見文句の付け所がないバイクに思えましたが、走行中にひとつだけ、どうしても気になってしまう点がありました。それは、国産バイクでは異例のバーエンドミラーの位置です。

 XSR900のミラーは、その名の通りバーエンドにマウントされているのですが、乗車位置とミラーの距離が思いのほか離れていて、ミラーを見る際に目線はもちろん、顔や身体までもを合わせていかないと、後方が確認できません。

ヤマハ「XSR900」との一体感を感じながら快適な走行を楽しむ石塚健選手
ヤマハ「XSR900」との一体感を感じながら快適な走行を楽しむ石塚健選手

 もちろん体格によって差はあると思いますが、走行中は極力前方から目線を離したくはないので、ミラーの位置だけどうしても最適とは言えませんでした。
バーエンドミラーはデザイン的に個性的で目を惹きますが、安全面を優先するのであれば、何かしらの対策が必要かもしれません。

 カラーバリエーションは、ブルーメタリックとブラックメタリックの2色展開。価格(消費税込)は121万円となっています。

 価格や質感、性能と満足度の高い1台を、是非皆様もお楽しみください!

石塚 健 / Takeshi Ishizuka

【画像】ヤマハ「XSR900」の走りを楽しむ石塚健選手を画像で見る(11枚)

画像ギャラリー

Writer: 石塚健

(レーシングライダー)埼玉県出身の26歳。3歳からポケットバイクに乗り始め、ロードレースというオートバイ競技に参戦。現在はその世界選手権である「MotoGP」を目指して日々、活動中。
2019年から、ヨーロッパでおこなわれる「FIM CEV REPSOL Moto2ヨーロピアンチャンピオンシップ」への挑戦を開始。2022年は、「全日本ロードレース選手権」のST1000クラスをメインに、「世界耐久選手権」、「FIM CEVREPSOL Moto2ヨーロピアンチャンピオンシップ」にも参戦します。スポンサー募集中!応援よろしくお願いします。

最新記事